【6月5日 marie claire style】子ども支援専門の民間・非営利の国際組織「セーブ・ザ・チルドレン」は、6月30日(火)まで、SNSキャンペーン「#SaveWithStories(セーブ・ウィズ・ストーリーズ)」を実施中。発起人は、米国の「セーブ・ザ・チルドレン」の評議員であり映画俳優のジェニファー・ガーナーとエイミー・アダムス。新型コロナウイルス感染症の影響で外出できない子どもたちとその家族に教育的で楽しいコンテンツを提供するため、オンライン動画を通して絵本の読み聞かせを行い、募金を呼びかける企画です。日本国内で展開する本キャンペーンは、これまで74名の著名人の賛同を得ており、募金は、新型コロナウイルスの影響を受ける子どもやその家族、地域への緊急支援に充当しています。

 緊張感のある生活の中に癒しを取り入れながら、このプロジェクトへ参加しませんか?

■お問い合わせ先
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン/03-6859-0011

■キャンペーン概要
・#SaveWithStories(セーブ・ウィズ・ストーリーズ)
セーブ・ザ・チルドレン キャンペーン インスタグラムアカウント
・日本https://www.instagram.com/savethechildren_japan/
・米国https://www.instagram.com/savewithstories/
セーブ・ザ・チルドレン キャンペーンページ:https://www.savechildren.or.jp/lp/
期間:5月20日(水)~6月30日(火)
※動画の公開は2020年12月までを予定
※日本書籍出版協会、Facebook Japan、アイフリークスマイルズなどさまざまな関係者の協力を得て展開
国内参加著名人(敬称略、順不同):八代亜紀、片岡愛之助、尾上松也、黒木瞳、南果歩、鈴木保奈美、寺島しのぶ、藤原紀香、岸谷五朗、別所哲也、宮沢りえ、木村多江、柴咲コウ、長谷川京子、鶴田真由、黒木華、仲里依紗、神木隆之介、石田ひかり、井浦新、広瀬すず、広瀬アリス、新木優子、大政絢、池田エライザ、小関裕太、渡邊圭祐、吉沢悠、須藤理彩、鈴木杏、中田クルミ、森口瑤子、紅ゆずる、恒松祐里、山田杏奈、甲斐翔真、阿部純子、麻生かほ里、田中千絵、きづき、渡辺直美、江上敬子、近藤くみこ、LiLiCo、紗栄子、りゅうちぇる、渡辺満里奈、遼河はるひ、大久保佳代子、辺見えみり、つるの剛士、三浦優奈、冨永愛、山田優、富岡佳子、佐田真由美、水原佑果、美弥るりか、藤原しおり、清川あさみ、平原綾香、三浦祐太朗、内田恭子、馬場典子、山本舞衣子、森麻季、青山祐子、高橋尚子、小川航基、長谷川唯、下野紘、松岡禎丞、乃木坂46、佐藤可士和・悦子夫妻 他

海外セレブリティ(敬称略、順不同):ジェニファー・ガーナー、メーガン・マークル、リリー・コリンズ、リヴ・タイラー、ジュード・ロウ、ジミー・ファロン、 エディ・レッドメイン、スキ・ウォーターハウス、ウィニー・ハーロウ、マイケル・ヴァルタン、ケイト・ウィンスレット、 オリヴィア・ワイルド、ローズ・バーン、リリー・ジェームズ、マーガレット・クアリー、グレン・クローズ、 ドリュー・バリモア、ジェイク・ジレンホール、ハンナ・ダコタ・ファニン、ナタリー・ポートマン、マーゴット・ロビー、 リース・ウィザースプーン 他

■関連情報
・セーブ・ザ・チルドレン 公式HP:https://www.savechildren.or.jp/
(c)marie claire style