【5月8日 marie claire style】「ヴァレンティノ」は、2020-21年秋冬ウィメンズ、メンズコレクション広告キャンペーンを発表。記事全文へ

【5月8日 marie claire style】「ヴァレンティノ」は、2020-21年秋冬ウィメンズ、メンズコレクション広告キャンペーンを発表。「#ValentinoEmpathy」と名付けられた本キャンペーンは、「ヴァレンティノ」のクリエイティブ ディレクター、ピエールパオロ・ピッチョーリの主導によるチャリティプロジェクト。特別キャストとして、グウィネス・パルトローやナオミ・キャンベルなど、世界的に有名なアーティストやモデル、メゾンの友人たち20人以上が無償で参加。
 
 撮影スタッフを集めることのできない状況の中、キャストが信頼を寄せる人にフォトグラファーを依頼、大切な人たちと暮らしている場所で2020-21年秋冬コレクションを着用し撮影が行われます。また、同プロジェクトを通して、イタリアの新型コロナウイルス感染症指定病院であるローマの「ラッツァロ・スパランツァーニ病院」に100万ユーロを寄付します。

 かつてない表現で登場するコレクションビジュアルを、見逃さないで!

■お問い合わせ先
ヴァレンティノ インフォメーションデスク/03-6384-3512

■広告キャンペーン概要
・「#ValentinoEmpathy」
内容:2020-21年秋冬ウィメンズ、メンズコレクション広告キャンペーンを通じたチャリティプロジェクト。100万ユーロをイタリアの新型コロナウイルス感染症指定病院であるローマの「ラッツァロ・スパランツァーニ病院」に寄付します。
「ヴァレンティノ」と親会社のメイフーラはこれまで、欧州の各医療機関などに400万ユーロにのぼる寄付を実施しています。
※キャンペーンのビジュアルは現在各キャストが撮影準備中です

■関連情報
・ヴァレンティノ 公式HP:www.valentino.com
(c)marie claire style

関連写真