【4月30日 marie claire style】新型コロナウイルス感染予防のため、自宅から出ない生活をして2週間がすぎた。いつもなら"ご褒美ケア"として位置づけられる丁寧なスキンケアやヘアケアも、毎日できるとなると新鮮さが薄れてくる。日々変化に乏しい景色を眺めるしかない今、私は自分の身の回りを彩っているドレッサーを見直すことにした。

 これまで猫の形をしたリップスティックなど、眺めているだけで笑顔を誘うコレクションを発表してきた「ポール & ジョー ボーテ」。フランス人デザイナーのソフィー・メシャリーが日本の「アルビオン」とタッグを組んで手がけるこのコスメラインは、人生を徹底的に楽しむパリジェンヌのライフスタイルが着想の源だ。昔から猫好きだったソフィーのために日本チームが試作したのが始まりだという。

 そんな「ポール& ジョー ボーテ」の2020年夏の新色は、"Le coin ensoleillé-ひなたぼっこ-"がテーマ。小窓から猫の寝顔がのぞくアイカラーは、可愛さだけでなく色鮮やかな処方設計にも目を向けたい。オイルリッチなベースのしっとりとした密着力が魅力で、光をぐんぐん取り込むかのような煌めきが叶う。密着を高めるベースが一体になったリップスティックは、トレンドの赤みがかったブラウントーンがお気に入り。ともすればくすみがちなブラウンリップに透明感が加わるので、自宅であっても顔に色を差したいときに重宝している。SPF25のプレストパウダーは、猫のようにバルコニーで"ひなたぼっこ"を楽しむときに。肌にのせるとクマやくすみを程よくカバーしながらも、快適に過ごせる軽いタッチだ。

 メイクアップやファッションに対するモットーとして私が大切にしているのが"どんな色やデザインでも、挑戦したもの勝ち"ということ。同じメイクアップに甘んじている自分を鼓舞し、ノーメイクで鬱々と過ごしがちな日々を見直して、今できることを始めよう。1年で最も冒険カラーに挑戦できる夏はもうそこまで来ている。

■お問い合わせ先
ポール & ジョー ボーテ/0120-766-996

■プロフィール
小西俐舞ナタリー(Nathalie Lima Konishi)
フランス人の父を持つ日仏美容家。モード系美容誌編集を経て独立後、日本や海外の美容媒体をメインに、コレクション速報や取材現場で得た美容メソッドなどを中心に執筆中。レインボータウンFMのラジオ番組「Nathalie’s Beauty Talk」では第1土曜と第2木曜にフランスの最新美容情報などを紹介している。

■関連情報
小西俐舞ナタリーのビューティジャーニーをまとめた特集ページはこちら
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style/selection, text, photo: Nathalie Lima Konishi