【4月8日 marie claire style】

カラー ゲームスコレクションでアクティブな夏が始まる!
特別な夏を迎える今年、スポーツからインスピレーションを受けたエネルギッシュなコレクションが「ディオール」から登場。目もとを彩るのは、鮮やかなオレンジとピンクをメインにした、ヘルシーな印象を演出する「サンク クルール〈カラー ゲームス〉」。口もとには人気の「リップ マキシマイザー」の繊細なラメが煌めく日本限定色、トーキョーピンクが輝きを添える。贅沢なうるおいと輝きが魅力の「ディオール アディクト ステラー シャイン」からも限定色が続々登場。肌を明るく美しく整えるベースシェードと、チークとしても使えるフェイスカラーの2 in 1フェイスパウダーも見逃せない。指先には爽やかで鮮やかな夏色ネイルを纏って。今までのヘルシーメイクのイメージを一新する、アクティブなコレクションで特別な夏を駆け抜けて。

「フォーエヴァー」シリーズで美肌レベルをアップデート
「ディオール」史上最高ファンデの呼び声が高い「ディオールスキン フォーエヴァー フルイド」。この時季、肌を着替えるならこの2タイプをぜひ試して。内側から発光するようなセミグロウ仕上げのグロウタイプは、均一にうるおった肌と上品なツヤが自慢。ハイカバレッジなセミマット仕上げのマットタイプは、スキンケア級のうるおいで自然なフローレス肌が続くのが魅力。そして今年、シリーズにスキンケアベースのコンシーラーが仲間入り。薄づきなのに高いカバー力で、気になる乱れを整えてくれる。まるでクリームのように滑らかなつけ心地と、表情の動きに対応するフィット感も嬉しい。美肌がほしいなら、このシリーズで間違いない。

バックステージ」が熱い! 大人のヌーディメイクを極める
撮影現場やファッションショーの熱気溢れるバックステージにインスパイアされ誕生した「ディオール バックステージ」シリーズから新色が登場。目もとにはベーシックなベージュブラウンからエッジィなバーガンディ、ニュアンスのあるスモーキーローズまでを詰め込んだアイパレットを。口もとにはひと塗りでたっぷりのうるおいと輝きをもたらすリップバームのローズブラウン。そしてスキンケア成分たっぷりでボリューミィな唇を叶えるケア リップ グロスからは、使いやすいヌードカラーと上品なブラウンの2色が登場。夏肌にマッチするラインナップで、大人のヌーディメイクを堪能して。

※「エイジングケア」と記載のある製品は、年齢に応じたお手入れのことを意味します。
※「ブライトニング」は記載のある製品は、うるおいを与え、透明感を引き出すことを与えることを意味します。
※「美白」・「ホワイトニング」と記載のある製品は、メラニン生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐことを意味します。

■営業売場および営業時間のお知らせ
新型コロナウイルス感染拡大による「緊急事態宣言」の発令に伴い、営業売場および営業時間を変更させていただいております。
お客様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申しあげます。
また、WEBマークが付いている商品もご購入いただけない場合がありますのでご了承ください。

営業売場および営業時間についてはこちらをご覧ください。

■お問い合わせ先はこちら
・阪急ビューティー公式サイト<外部サイト>

■ご購入はこちら
ディオールスキン フォーエヴァー フルイド マット
ディオールスキン フォーエヴァー フルイド グロウ
ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー(4月1日~西日本ではHANKYU BEAUTY先行発売、4月3日~全国発売)
ディオール アディクト リップ グロウ
ディオール アディクト リップ マキシマイザー(すべて4月1日~西日本ではHANKYUBEAUTY先行発売、4月10日~全国発売)

■How to Order
・WEBマークがついた商品はインターネットでも購入できます
・4月8日(水)0:00~4月21日(火)23:59の期間は送料無料
※お買い上げ金額に関わらず送料無料となります。
オーダーの詳細はこちら

※掲載商品、プレゼント、限定品は2020年4月8日現在の情報です。
※掲載商品、プレゼント、限定品は数に限りがございます。品切れの場合はご容赦ください。 
※阪急阪神お得意様カードとペルソナカード(青)によるお支払いは一部優待除外がございます。
※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。

■関連情報
特集:もっと鮮やかに、もっと力強く。「バック トゥ ネイチャー」という、洗練
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/photos: Kazuteru Takahashi, Kazuma Okita / styling: Mariko Nakazato / text: Ai Yoshida / composition & text:Chitose Matsumoto, Mina Tanaka