【3月26日 marie claire style】劇場? それとも、レストラン? ずっと気になっていた「キッコーマン」がプロデュースする「KIKKOMAN LIVE KITCHENTOKYO」。東京2020オリンピックに際し、期間限定でオープンしたスーパーポップアップレストランです。毎月異なるジャンルのスターシェフ2~3人がタッグを組み、ここでしか味わえない料理を、ライブパフォーマンスとともに展開する特別なところ。私が楽しみにしている4月のコラボレーションは、「日本とアメリカ」の融合。まさに、食文化の国際交流を体感できるコース。担当するのは、うかいグループの割烹料理「kappou ukai」の他力野慶太シェフと、話題のフュージョンアメリカン料理「The Burn」の米澤文雄シェフ。

「2人の個性と味わいが融合した合作になる料理を作りたい。違う世界で生きてきた方とコラボレーションすることで私の世界も広がりました」と語る他力野シェフ。一方、米澤シェフはNYの三つ星レストラン、「Jean-Georges」で日本人初のスー・シェフを務めた、インターナショナルなシェフ。「今回参加できることがとても光栄。たくさんの学びと楽しみがあり、いろんな方と仕事して経験することで刺激になるのが嬉しい」と目を輝かせていたのが印象的でした。シェフの熱い意気込みと想いが「美食」となり、さらには、エンターテインメントとして私たちを楽しませてくれる、世界を見渡しても他にないレストランなのです。

※アプリ「マップスター」のダウンロードはこちらから

■店舗概要
「KIKKOMAN LIVE KITCHEN TOKYO」
住所: 東京都千代田区有楽町2丁目2-3ヒューリックスクエア東京 B1F
tel: 050-3134-5158
https://www.kikkoman-livekitchen-tokyo.com

・他力野慶太(Keita Tarikino)
2006年、株式会社うかい入社。「東京 芝 とうふ屋うかい」を経て、14年4月「銀座 kappou ukai」のオープンとともに料理長に就任。現在は、銀座・六本木の「kappou ukai」の統括料理長。

・米澤文雄(Fumio Yonezawa)
2002年に単身でNYへ渡り、三つ星レストラン「Jean-Georges」本店で日本人初のスー・シェフに抜擢。本店の日本進出を機に、「Jean-Georges Tokyo」のシェフ・ド・キュイジーヌ(料理長)に就任。18年夏、「The Burn」料理長就任。

杉山絵美(Emi Sugiyama)
ライフスタイルナビゲーター。芸術家の家系に生まれ、大学卒業後にイギリスに留学。クリスチャン ディオールの広報として活躍し、数々の話題のイベントを企画。幅広い交友関係と世界中の都市やリゾート地を訪れて得た情報をもとに、世界中から来日するゲストをもてなすグルメや観光スポットが評判に。

■関連情報
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/selection, text: Emi Sugiyama