【2月27日 marie claire style】誕生から、およそ13年。多くのファンを持つ「ザ・アイ コンセントレート」がパワーアップして登場! 紫外線に加え、大気汚染物質やブルーライトなど、より一層ストレスフルになった私たちの目元にアプローチ。微細なダメージをもケアし、イキイキとした明るい印象を取り戻そう。

■心地よいテクスチャーとほのかな香りでダメージをいたわるように保湿
とろっとしたやわらかなテクスチャーで、デリケートな目元になめらかにフィット。心地よく肌にすっとなじみ、乾燥やダメージが気になる目元をいたわるように保湿。重さやベタつきがないので、朝のメイク前や、日中のメイク直しのリフレッシュに使用するのもおすすめ。アプリケーターによるクールな刺激も心地よく、使用後の目元は、イキイキとして明るい印象に。3倍以上配合された濃縮ミラクル ブロス™※1のパワーに期待が持てる。

Q私たちの目元は今、どんな状態?
目元の皮膚は、頰や額の1/3程度と薄く、皮脂の分泌もほとんどない。しかも、数え切れないほど頻繁にまばたきをするため、常に負荷がかかっている状態。それにより紫外線や乾燥した空気、大気汚染物質などの外的環境によるストレスを受けやすくデリケート。さらに最近は、パソコンやスマートフォンのブルーライトによるダメージも深刻になっている。

Qどんな目元ケアが理想的?
さまざまな外的環境やストレスによる影響は、目元の皮膚にトラブルを生じさせ"見えないダメージ"となって残りがち。それは、やがて目元に生じるクマやくすみ、小ジワなど、さまざまな悩みやエイジングサインの出現へとつながってしまう。よって、たっぷりと保湿し、デリケートな皮膚を外的刺激から守るためのバリアをサポートすること。そして、微細なダメージさえも残さない、穏やかで落ち着いた状態に整えることが必要だ。

Q「ザ・アイ コンセントレート」の魅力は?
ドゥ・ラ・メール独自の保湿成分、濃縮ミラクル ブロス™※1を角層深部に届ける、カプセル状のミラクル ブロス™※2も配合。これに加え、韓国・済州島の澄んだ海水から採取したリカバリー ケルプによるクラリティ ファーメント※3と、デリケートな目元の皮膚を守るライム ティー コンセントレート※4をプラス。癒やしの海のパワーにより、肌にうるおいを与えてキメを整え、イキイキとした明るい印象に整えることが可能に。
※1 グリセリンとアルゲエキスからなる保湿成分
※2 アルゲエキス、(ビニルジメチコン/ メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、イソドデカン、トリメチルシロキシケイ酸などからなる保湿成分
※3 水、酵母エキス、トウミツエキス、海藻由来エキス(トウミツ、アスコフィルムノドスムエキス、アスパラゴプシスアルマタエキス、ラミナリアディギタータエキス、カジメエキス)などからなる整肌保湿成分
※4 BHT、ライム果汁からなる整肌成分

Q濃縮ミラクル ブロス™※1とは?
ドゥ・ラ・メールの創始者である物理学者、マックス・ヒューバー博士が作り上げたブランドの真髄と言える独自保湿成分、ミラクル ブロス™※5は自己再生力を持つジャイアント シーケルプ(海藻)などに、特定の音や光を与えて生み出される。「ザ・アイ コンセントレート」には、濃縮ミラクル ブロス™※1をこれまでの3倍以上配合。ストレスフルな目元に、今まで以上にうるおいたっぷりのトリートメント効果が望めそうだ。
※5 ジャイアント シーケルプ(海藻)などからなるドゥ・ラ・メール独自の保湿成分

Q「ザ・アイ コンセントレート」の効果的な取り入れ方は?
朝と夜、1日2回を目安に、「ザ・アイ コンセントレート」を専用のアプリケーターに取り、目尻から目頭へ、目の輪郭に沿うようにのばす。優しくマッサージするようになじませることで目元を程よく刺激。クールな刺激により、目元がリフレッシュされる。上まぶた、下まぶたはもちろんのこと、表情筋がある眉の上あたりをアプリケーターで軽く刺激するのもおすすめ。

■CLYDE JOHNSON/クライド・ジョンソン
ドゥ・ラ・メール グローバル エデュケーション エグゼクティブ ディレクター
ドゥ・ラ・メールのグローバルアンバサダーとして、世界中をまわり、メディアやインフルエンサー、消費者たちに向け、スキンケアの指導や業界のトレンドなどを伝えている。今回、新製品の魅力についても伺った。

■お問い合わせ先
ドゥ・ラ・メール お客様相談室/0570-003-770

■関連情報
・ドゥ・ラ・メール  公式HP:www.delamer.jp
・ドゥ・ラ・メール  公式フェイスブック:www.facebook.com/DeLaMerJapan
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style/photo: SHINMEI〈SEPT〉/text: Mayumi Kurata