【12月19日 marie claire style】ポルチーニ茸の芳醇な香りを、サクサクのパイ生地で包みました。メインディッシュとしてぜひお試しください。

■How to Cook<調理時間60分>

1.ポルチーニ茸を水で戻し、みじん切りにする。たまねぎもみじん切りにする。

2.〈1〉、挽き肉、溶き卵の半量、塩、こしょうをボウルに合わせて捏ね、2等分にする。

3.パイシートを約3mmの厚さにのばし、〈2〉をのせる。縁となる箇所に残りの溶き卵を刷毛で塗って生地を閉じ、余分な生地を切り落とす。表面に串で穴を2、3ヵ所開け、表面全体に溶き卵を塗る。210℃に予熱したオーブンで15分、160℃に下げ15分焼く。

4.〈1〉の戻し汁を濾して鍋に入れ、〈A〉を加えて約100mLになるまで煮詰める。バターを加えて溶かし、塩、こしょうで味を調えソースとする。皿にソースと〈3〉を盛り完成。

■Point!
生地がダレたら冷蔵庫に入れて、締めてから作業してください。お好みでパイ生地の縁や表面に模様を入れるとより本格的になります。

■材料 2人分
・合い挽き肉・・・120g
・たまねぎ・・・30g
・溶き卵・・・1個分
・冷凍パイシート(1辺15cm以上)・・・2枚
・乾燥ポルチーニ茸・・・10g
・水・・・200mL

--A---
・赤ワイン・・・150mL
・コンソメキューブ・・・1個

・バター・・・10g
・塩、こしょう・・・少々

■プロフィール
小澤慶三/(Keizo Ozawa)
食の撮影スタジオ、株式会社ヒュー所属のプロデューサー。「食」にまつわるグラフィックやCMのビジュアル制作を中心に、元フレンチの料理人という経験を生かしてレシピの開発にも携わる。

■関連情報
小澤慶三さんのレシピを集めた特集ページはこちら
株式会社ヒュー公式サイト<外部サイト>
【無料ダウンロードmarie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/recipe, photos: Keizo Ozawa