【12月19日 marie claire style】みなさんは、『マリ・クレールダイニング』が主催する「トップレストラン50」をご存知でしょうか?

 世界中のフーディーや飲食関係者による会員1,000名以上が審査員となり、投票によって選ばれた上位50店を発表する、"食のアカデミー賞"とも称される「トップレストラン50」。記事全文へ

【12月19日 marie claire style】みなさんは、『マリ・クレールダイニング』が主催する「トップレストラン50」をご存知でしょうか?

 世界中のフーディーや飲食関係者による会員1,000名以上が審査員となり、投票によって選ばれた上位50店を発表する、"食のアカデミー賞"とも称される「トップレストラン50」。2002年からスタートし、今回で17回目を迎えます。来年、東京五輪を控え盛り上がりを見せる東京が、今年の開催地に選ばれました。

 実際に店に足を運び、味覚だけでなく盛り付けの美しさや哲学、シェフの人柄などあらゆる視点から審査。決められたルールを設けていないため、本当の意味での"世間の声"と言えるでしょう。

 何と言っても注目は、今回初めてトップ10入りした日本のレストラン2店舗。初エントリーにもかかわらず大健闘を見せたのが、10位の「グランメゾン東京」。型破りなシェフ尾花夏樹(木村拓哉)を始め、独創的なレシピ開発で名を馳せる相沢瓶人(及川光博)、尾花が絶大な信頼を寄せるギャルソン京野陸太郎(沢村一樹)とのハーモニーを大切にしながら、一つにまとめあげる早見倫子(鈴木京香)オーナーシェフの手腕と研ぎ澄まされた感性は見事。

 日本の豊かな食材を生かした革新的なフレンチは、一口食べた途端に思わず笑みがこぼれてしまうような料理。「明日から毎日ここの料理を食べたい!」そう思わせる極上のサービスと料理を提供。目黒の閑静な住宅街に佇む同店は、吹き抜けの天井から自然光が差し込み、夜にはロマンティックな雰囲気で現実世界を忘れさせてくれる空間が広がっています。センスのよい落ち着いたインテリアでまとめられた店内で、刺激と昂揚感をもたらすのが「キッチン」。どの席からも見渡せるライブ感溢れる「キッチン」では、これからいただく一皿一皿の調理が目の前で繰り広げられ、華麗で無駄のないシェフたちの動きはまるでエンターテイメントのようです。

「グランメゾン東京はミシュランのために特別なことはしません。ただひたすらお客様の"おいしい"を求め続けることで、新たな三つ星フレンチになります」と早見オーナーシェフ。東京の女性フレンチシェフとして初めての星を狙う彼女は冷静に、そして力強く答えてくれました。彼女の今後に大いに期待したいと思います。

 そしてもう1つのレストランは、8位に輝いた「Gaku」。新進気鋭のシェフ丹後学(尾上菊之助)、平古祥平(玉森裕太)が率いる「Gaku」は野生の果実や草木を使用し、まるでアートのよう。見た目の華やかさだけでなく、発酵、燻製、熟成といった日本の伝統的な手法で新たな味わいを引き出し、自家製の麹や出汁で旨味を加えるなど、複雑な行程を何度も重ねて生み出される料理は、新鮮な驚きとともにどこか懐かしさに満ちています。

 食通だけでなくトレンドに敏感な人々も楽しめ、地域のプロモーションにも繋がる「トップレストラン50」。

 世界中で美食ブームがおこっている今こそ、世界でもトップクラスのクオリティを誇る日本のガストロノミーを広めるチャンス。レストラン自身がメディアになることは、効果的な観光PRに繋がるはずです。食の世界には未知数の可能性があり、誰も味わったことのない食の新たなジャンルが、これからも私たちの前に現れてくれることでしょう。

 口いっぱいに広がる"おいしい"を求めて。Bon-Appetit!

※この記事は架空の記事です。

■ドラマ情報
・日曜劇場グランメゾン東京
放送日:日曜夜9時放送。
※第10話12月22日夜9時20分拡大スペシャル、第11話(最終回)12月29日夜9時 30分拡大スペシャル。お見逃しなく!

■関連情報
東京ダイニングアウト「第8回グランメゾン東京」はこちらから
・日曜劇場グランメゾン東京 公式HP:www.tbs.co.jp/grandmaisontokyo
(c)marie claire style

関連写真