【11月29日 marie claire style】クレオパトラがこよなく愛したといわれ、古代から美容や健康に役立てられてきた死海の塩や泥。それらの自然素材をふんだんに取り入れ、サイエンスと融合させたブランドが「プルミエル」です。もともと死海のミネラルの研究をしていた人たちが、皮膚科学や化粧品の専門家とともに「プルミエル・コスメティクス」を設立。2010年にはイスラエル政府の認定も受け、ヨーロッパやアメリカを中心に、世界70カ国以上に広く展開しています。日本に上陸してから、まだ2年という短さながら、イスラエル発のプレステージコスメブランドとして注目が集まっています。

 イスラエルの南にある死海は、地表でもっとも低い地点である海抜マイナス1378フィートに位置しています。通常の海の塩分濃度は3%程度なのに、死海の塩分濃度は、なんと32%。マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、ポタジウムなどのミネラルが豊富なため、皮膚疾患の治療にも使われてきたほど貴重ものなのです。直営店の一つ「東急プラザ銀座」のショップに行くと、「プルミエル」の人気アイテムの一つである「ミネラルソルトスクラブ」を使った体験が受けられます。死海の塩と厳選されたアロマオイルを使った贅沢なスクラブは、不要な角質を取り去りつつ、しっとりとしたうるおいを与え、肌のバランスを整えます。5つの香りが揃っていて、ジェンダーレスに使えるのも魅力です。

 その他にも、セレブたちに愛用者が多く、「プルミエル」のアイコン的アイテムといわれる「マスク ミラクルノワール」を始め、エイジングケアや美白ケアに特化したアイテムも多数。この秋には、シワを即効的にケアする「リンクルクリームワンド」も登場。ラグジュアリーでいて前衛的なデザインのボトルもちょっと新鮮! イスラエルの死海美容の魅力が存分に感じられます。

■商品概要
プルミエル ミネラルソルトスクラブ 各425g 5,500円(税別)、マスク ミラクルノワール 60mL 15,800円(税別)、リンクルクリームワンド 10mL 37,000円(税別)

■お問い合わせ先
・アートビューティジャパン http://www.premier-deadsea.jp

■関連情報
倉田真由美のBeauty Life アーカイブはこちら
(c)marie claire style/photos & text: Mayumi Kurata