【11月28日 marie claire style】フランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理「ポーチドエッグの赤ワインソース(ウフ アン ムーレット)」をアレンジしました。記事全文へ

【11月28日 marie claire style】フランス・ブルゴーニュ地方の郷土料理「ポーチドエッグの赤ワインソース(ウフ アン ムーレット)」をアレンジしました。旬のごぼうを赤ワインで煮込み、付け合わせ兼ソースに。ごぼうの風味と食感、赤ワインの酸味とコク、とろりとしたポーチドエッグとのハーモニーをお楽しみください。

■How to Cook〈調理時間50分〉
1.ベーコンは短冊、玉ねぎはくし形、マッシュルームは縦半分に切る。ごぼうは包丁の背で軽く皮をこそげ取り、斜めにスライスして水にさらす。

2.フライパンにオリーブ油大さじ1/2をひき、1のベーコン、マッシュルームを炒め、いったん取り出す。

3.2のフライパンに残りのオリーブ油大さじ1/2を足し、ごぼう、玉ねぎ、砂糖を加えて香ばしい匂いがするまで炒める。赤ワインを加えて沸騰させ、チキンブイヨン、ローリエを加えて30分程度煮込む。2を戻し、さらに10分程度煮る。

4.鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩と酢(分量外)を少々入れる。卵を1個ずつボウルに割って、弱火に保った鍋に静かに落とし入れ、3~4分ほど煮て取り出す。

5.3に、適量の水で溶いた片栗粉を加えてとろみをつけ、塩・こしょうで味を調え、バターを加えて器に盛る。4をのせ、お好みのパン(分量外)を添える。

■Point!
ごぼうは、砂糖と一緒に炒めることで香ばしさが出て美味しさがアップ。じっくりと水分を抜きながら炒めてください。

■材料 2人分
・生卵・・・4個
・ごぼう・・・1本
・ベーコン・・・80g
・マッシュルーム・・・5個
・玉ねぎ・・・1/2個
・赤ワイン・・・300mL
・チキンブイヨン・・・500mL
・ローリエ・・・1枚
・オリーブ油・・・大さじ1
・バター・・・30g
・砂糖・・・大さじ1
・片栗粉・・・小さじ1
・塩・こしょう・・・各少々

■プロフィール
小澤慶三/(Keizo Ozawa)
食の撮影スタジオ、株式会社ヒュー所属のプロデューサー。「食」にまつわるグラフィックやCMのビジュアル制作を中心に、元フレンチの料理人の経験を生かしてレシピの開発にも携わる。

■関連情報
小澤慶三さんのレシピを集めた特集ページはこちら
株式会社ヒュー公式サイト<外部サイト>
【無料ダウンロードmarie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/recipe, photos: Keizo Ozawa

関連写真