【10月31日 marie claire style】ミステリアスな眼差し、黒髪のロングヘアー、すっと伸びた姿勢。そのクールなルックスをいい意味で裏切ってくれたのが、撮影後に見せてくれた等身大のチャーミングな笑顔。そのバランスがとても彼女らしい。

 女優・織田梨沙。2012年にモデルとしてデビューし、15年より女優として本格的に始動。スクリーンデビュー作となった『秘密 THE TOP SECRET』での絹子役や『STAR SAND-星砂物語-』の洋海役など、ミステリアスな雰囲気を活かした役柄を中心に数々のドラマや映画に出演してきた。一躍注目を浴びることとなったのが、今年公開された大ヒット映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世扮する信用詐欺師が、欲望にまみれた大金持ちから奇想天外な計画で大金をだまし取る大人気テレビドラマの映画版となった同作で、100人を超えるオーディションを勝ち抜き、物語の重要な鍵を握る新入り詐欺師・モナコ役に大抜擢。これまでとは一線を画す、明るく素直で愛くるしいキャラクターを、実力派俳優陣に肩を並べて、堂々と演じきった。

「自分に与えられた役について、0から考えながら、あまり役柄のイメージを固めすぎないようにしました。監督とコミュニケーションをとりながら、いろいろと変化をつけていくのが楽しかった」と役作りについて振り返る。

 さらに注目を集めたのが宮藤官九郎脚本で話題のNHK「いだてん」への出演。ロサンゼルスの日本食レストランで働く日系2世のナオミ役を好演し、見事に大河ドラマデビューを果たした。

 そんな織田に憧れの女性像を尋ねると、「オードリー・ヘップバーンとマリリン・モンローを足した感じ! 2人とも真逆に見えるけど、女性として芯がちゃんとしているからかっこいいし、セクシー」と、挙がったのは王道の2人だが、両極に見える2人に共通項を見出す独特の視点が面白い。

 このインタビューの日に織田が撮影で着こなしたのは、今年日本初上陸したミラノブランド「コリーニ ミラノ 1937」のイタリアングラマー薫るスタイリング。「こんなファーコートとドレスをさらっと着こなせたらかっこいいですよね。大切な時のために一着持っておきたいです。これを纏ってジャズバーなんて行けたら素敵ですね」。カメラの前に立つと一変、キリッとモードな雰囲気を醸し出す彼女は、モデルとしても女優としても、"表現する"ということを自分らしく謳歌しているようだ。

 最後に「どんな役でもこなせる、振り幅の広い演技派女優になりたい。アクションにも挑戦してみたいです」と将来像について語ってくれた。10月からスタートしたNHKドラマ「決してマネしないでください。」では田中さん役で新しいキャラクターにも挑戦。クールな視線と愛らしい笑顔の奥にきちんと見える"芯"。女優・織田梨沙の振り幅にこれからも目が離せない。

■関連情報
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/photo: Wataru Yoneda/hair & make-up: Yuko Fujiwara/text: Maki Kimura/costume: COLLINI MILANO 1937(A.KA TOKYO)