【8月21日 marie claire style】私は、ゲンゴロウを飼ったことがあります。その名も「ゲンちゃん」。まだ幼い頃のこと。弟が田んぼで捕まえてきてしまい、その世話を母とふたりでしていたのですが、これが結構大変でした。彼(? !)は肉食なので、マグロなどのお刺身を買ってきて冷凍しておいて、少しずつあげるのです。餌代もバカにならない。水が綺麗じゃないと死んでしまうので、毎日水を取り替えます。私はあまり、生き物に対して感情がないのですが(! !)、なぜか昔から生き物係に任命されがち・・・。夏休みの1ヵ月、亀を持ち帰ってお世話をしたり、学校で飼っていたウサギに毎朝餌をあげたりと、常に生き物が側にいるという不思議な人生。

 私が生き物に対して、結構対等な立場で向き合えるのは、小学校低学年の頃から「森の学校 キョロロ。」に通っていたからだと思います。ここは、新潟県十日町市にある科学館のような場所なのですが、もともと「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」をキッカケに建てられたすごくステキな建物です。茶色い鋼板でできたヘビを模した建築を、手塚貴晴、由比夫妻が手がけられており、巨大なアクリルの窓からは積雪の壁の断面が見られます。

 志賀夘助のチョウコレクションは圧巻だし(ものすごい数の蝶々の標本)、木工工作も体験できるし、近くの里山を探検するプログラムもあり(ゲンゴロウはこのとき捕まえた)、子供にとっては1日中いても飽きません。カブトムシを朝から捕まえたりしたこともあります。里山に住む様々な動物や昆虫の生態を知ることもできるし、近くにある美人林は何度訪れても感動するし、子供時代を経て大人になってもワクワクする場所です。

■RECOMMEND/「クリスチャン・ボルタンスキー―Lifetime」
会期:~9月2日(月)
会場:国立新美術館 企画展示室2E
お問い合わせ先: 03-5777-8600(ハローダイヤル)
https://boltanski2019.exhibit.jp

■プロフィール
前田エマ(Emma Maeda)
1992年生まれ。東京造形大学卒業。オーストリアウィーン芸術アカデミーに留学経験を持ち、在学中より、モノづくりという観点から、雑誌のディレクション、ショーやイベント、ファッションブランドのモデルをつとめる。ほかにもエッセイ、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、分野にとらわれない様々な活動が注目を集めている。Now Fashion Agency所属。

■関連情報
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/selection, text, photo: Emma Maeda