【6月27日 marie claire style】旬の鰹に、バルサミコ酢の酸味とコク、ヨーグルトディップのまろやかさを合わせました。じめじめした梅雨時に、腸内環境の改善、疲労回復も期待できるさっぱりメニューです。

■How to Cook<調理時間20分>(水切りの時間を除く)

1.ボウルにざるをのせ、キッチンペーパーを敷いて、ヨーグルトをのせる。ラップをして冷蔵庫で一晩水分を切る。
 
2.〈B〉
をボウルに入れて混ぜ、スライスした鰹に回しかけて10分程度漬ける。

3.水切りした〈1〉を別のボウルに移し、〈A〉を加えて混ぜる。

4.〈2〉を皿に盛り、残ったマリネ液をかける。〈3〉とお好みのツマ(写真は紫たまねぎとパクチー)を添えて完成。

■Point!
ホエー(ヨーグルトを水切りして出た液)はスムージーなどにご活用ください。ヨーグルトは、ギリシャヨーグルトでも代用できます。

■材料 2人分
・鰹のたたき・・・200g
・プレーンヨーグルト(無糖)・・・150g
---A---
・塩・・・1g
・おろしにんにく・・・1g
・クミンパウダー・・・少々
・こしょう・・・少々
---B---
・塩・・・1g
・バルサミコ酢・・・大さじ1
・オリーブ油・・・小さじ2

■プロフィール
小澤慶三/(Keizo Ozawa)
食の撮影スタジオ、株式会社ヒュー所属のプロデューサー。「食」にまつわるグラフィックやCMのビジュアル制作を中心に、元フレンチの料理人という経験を生かしてレシピの開発にも携わる。

■関連情報
小澤慶三さんのレシピを集めた特集ページはこちら
株式会社ヒュー公式サイト<外部サイト>
【無料ダウンロードmarie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/recipe, photos: Keizo Ozawa