【5月30日 marie claire style】シャルル・ペローの童話では、シンデレラは靴を失くしてからプリンセスになりますね。しかしイザベル・ボージ(Isabelle Bordji)の場合はその逆です。「メゾン・アーネスト(Maison Ernest)」のオーナー兼アーティスティックディレクターを務める彼女は、本当にプリンセスであるだけでなく、シンデレラに靴を履かせる側の人間でもあるんです! アルジェリアとインドネシアのジャワ島にルーツを持つイザベル。顧客ももちろん国際色豊かですが、本人もインターナショナルな存在です。ご先祖はインドネシアの紙幣にもなっているんですよ! それでも、ジャワ王室の伝統を伝えるのに彼女が選んだ場所は、パリでした。靴を通して、自分のヴィジョンを他の女性と分かち合おうと思ったのです。イザベルは自分でまず靴を履いてみるので、履き心地もよくわかっています。「靴はただ身につけるだけではなく、一緒に生きるもの。装飾品で唯一、体全体を委ねるものだから」と話す彼女にとって、靴は単なるアクセサリーの1つではなく、「フランス流エレガンスの根幹」です。

 イザベルは幼い頃から自分の考えた靴をデッサンするのが好きだったといいます。スタジオ・ベルソー(パリのモード専門学校)で学び、パストール(Pastor)グループのデザイナーとしてキャリアをスタート。その後、フランスのレッグウェアブランド「セルヴァン(Cervin)」のアーティスティックディレクターに起用されました。昔ながらのやり方でタイツやストッキングを製造するこのメゾンで、女性性(フェミニニティ)に対する確固としたヴィジョンを養ったのでしょう。古くは1904年から続くシューズブランド「アーネスト」を買い取り、「メゾン・アーネスト」として蘇らせたのです。

 ムーラン・ルージュのすぐ近くにあるブティックはラグジュアリーと洗練を体現する存在ですが、噂が噂を呼び、ケイト・モスやビヨンセ、ディタ・フォン・ティースなど多くのセレブリティが訪れています。クリシー通りにある本店の他に、もうすぐサンジェルマン地区に新しい店舗もオープンする予定とのこと。エナメルのヒールやレースアップブーツに代表されるように、エッジィなコレクションには、しなやかでありながら危うい世界が表現されています。映画『ツイン・ピークス』にインスパイアされたという格子の床も、デヴィッド・リンチが見れば喜ぶことでしょう。「アーネスト」の靴はかつてヘルムート・ニュートンにも愛されていました。イザベル・ボージは見事にブランドを蘇らせてみせたのです。もちろん、彼女はそれだけでは終わりません。パリをとび出して、3月に日本で初めてコレクションを展示したのですよ。

■プロフィール
ルイーズ・エベル(Louise Ebel)
人気のファッションブログ「MISS PANDORA」を主宰。ブロガー、ジャーナリスト、作家。フランス、パリ在住。小さい頃から美術史と19世紀の世界に夢中となり、マリー・アントワネットやマルチェサ・カサティの世界への憧れから大学で美術史を専攻する。ヴィンテージファッションやアンティークの小物の収集家としても有名。

■関連情報
ルイーズ・エベルのニュースをまとめてチェック
ルイーズ・エベル公式ブログ「Pandora」<外部サイト>
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/photos: Pauline Darley