【4月10日 marie claire style】今年33回目を迎える、「マリ・クレール ボーテ大賞」。世界中に数あるコスメ大賞の先駆けとしてスタートし、コスメ業界のアカデミー賞とも称されている。今回も、各国を代表するジャーナリストやエディター、美容のプロたちが集い、イノべーション(革新性)、テクスチャー、デザイン面などから厳正なる審査を実施。フランス版『マリ・クレール』の審査団による「インターナショナル賞」と、日本を代表する美容ジャーナリスト&エディターによる「日本賞」に選ばれた栄えある製品を一挙ご紹介。

■ル ヴォリューム レヴォリューシオン ドゥ シャネル
マスカラ史上初の3Dプリントブラシを採用。重ねても適切な量が塗布できダマにならない。クリーンな仕上がりは圧巻

■審査員コメント
・「まったく新しい3Dプリントのブラシは、まつ毛をしっかりキャッチしてくれる。一日中粉落ちせずダマにもならない、素晴らしい処方」
・「まつ毛をしっかりとらえるブラシが素晴らしい。大胆な技術とイノベーションも評価できる」
・「10年の研究の成果で、驚くほど緻密なブラシの製造が可能になった。すごく好き!」

■お問い合わせ先
シャネル(カスタマーケア)/0120-525-519

■関連情報
特集:もっと自由に、もっと軽やかに。ラグジュリアスな旅モード
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/par: Aurélie Lambillon / illustrations: Valérie Lade