【3月14日 marie claire style】タイムレスで個性を生かしたメイクアップを得意とする「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」から新ベースメイクが誕生。アクティブなアルマーニウーマンを支える"パワー ファブリック"コレクションの秘密とは。

■「ジョルジオ アルマーニの美意識が息づくビューティ ライン」
女性に自信と気品、そして美しさを与えてくれるブランドとして、大人の女性に支持される「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」。さりげなく輝く上品さこそ、真のエレガンス。纏うたびに肌がこの上なく満たされた気分になるのは、究極のエレガンスを追求し続ける、ジョルジオ アルマーニの美学が息づいているからだろう。モードの帝王として君臨するジョルジオ アルマーニがイタリア・ミラノで自身のブランドを創立したのは1975年のこと。数々の旋風を巻き起こしたマエストロの偉大な功績のひとつとして挙げられるのが、女性の社会進出が進んだ80年代に発表されたジャケットだ。洗練されたタイムレスな美しさを追求するため従来の固定観念を取り払い、体になじむソフトなフォルムを採用した。エクスクルーシブでエレガント、そしてこの上ない着心地と長時間肌になじむようなフィット感が日々のストレスから女性を解き放ち、さらにはその美しいラインにより自信をもたらした。女性が社会へ羽ばたく大きな後押しとなったこのフィロソフィーは、「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」のベースメイクにも脈々と受け継がれている。

■「すべてを物語る肌は丁寧にスタイリングを」
内側からにじみ出るエネルギーを静かに物語る肌は、常に自分らしさを表現するパーツでありたいもの。つまり、全体を単一的なスキントーンに塗るのではなく、そこにエレガントさや存在感、そしてその人に相応しい品格を宿したい。この境地に到達すべく作られたのが「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」がクリエイトする"パワー ファブリック"コレクションだ。"服を着替えるように肌を着替える"というフィロソフィーのもとに多彩な仕上がりが叶うベースメイク待望の新作は、洗練された雰囲気を醸すフローレスなカバー力が魅力。カラーピグメントが素肌に溶け込むかのようにベルベットな仕上がりが長時間続く。今季は、よりスタイリングの幅を広げるアイテムとして、新たにバーム状コンパクトとコンシーラーが、そしてリキッドには新色が追加された。肌にもたらされる個性が女性としてのさらなる矜持を与えてくれるに違いない。この春、「ジョルジオ アルマーニ ビューティ」で大人の肌を演出してみては。

■Liquid Foundation/世界中の女性が賞賛した名品に新色が登場
自身の肌が持つパワーを享受しながら、息づくようなスキントーンを叶えるべく高濃度に配合したのは、密着性の高い超微粒子ピグメント。さらに3種の異なるオイルが、フレグランスのように時間を追うごとに肌の上でリリース。色ムラを巧みに一掃し、なめらかな仕上がりが長時間持続する。仏版マリ・クレール ボーテ大賞をはじめ、数々のアワードを世界中で受賞したのもうなずける。今季、アジア人の肌色を考慮した新色が追加に。

■Concealer/気になる部分をスマートに隠すコンシーラー
コンシーラーだけで作り上げるクリーンでパーフェクトな肌も夢ではないと思わせてくれるのがこちらのアイテム。のびやかなテクスチャーと人間工学に基づいたチップを搭載することで、点でも面でも使用できるマルチタスクな操作性を実現した。また、オイルを配合することで乾燥を抑えつつ、自由に混ぜたり重ねたりが可能。ベースメイクの厚塗りから解放されることでさらなる自信と表情美をもたらす。

■Compact/肌を自在に着こなす進化系バーム状ファンデーション
ジャストサイズのドレスに包まれたかのようなフィット感を肌に宿すためにマエストロが採用したのは、官能的なフォーミュラを包み込んだバーム状コンパクト。テクスチャーがバームからクリーム、そしてパウダーへと2度変化することで、カバー力がありながらも光を透過したような、奥行きのある美しい肌を演出。まるで素肌そのものを美しく仕立てたような奥行きを演出する。手に取ったときに美しくフィットするよう設計された楕円形コンパクトはメイクアップの所作や佇まいもエレガントに。

公式オンラインショップでは、製品お買い上げの方に、リップ フリーズのサンプルセットをプレゼント中。

■お問い合わせ先
ジョルジオ アルマーニ ビューティ/03-6911-8411

■関連情報
・ジョルジオアルマーニ ビューティ 公式HP:http://www.armanibeauty.jp
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style/photo: SHINMEI/text: Nathalie Lima Konishi