【3月14日 marie claire style】美容通から火がつき、「本物」を知り尽くす真の大人の女性たちに支持される、SABONのボディスクラブ。使ったあとの極上の肌質感はもちろん、同時にほんのりと肌を染める香りも、離れられなくなる理由・・・。

■ぱっと明るく、もちっと吸い付く。そして、いつしか肌が香り始める・・・
「死海」の恵みにこだわるイスラエル発のボディケアブランド、SABON。中でも、9つの香りが揃うボディスクラブは、その「顔」とも言えるベストセラーだ。最大の特徴は、類稀な地形により、さまざまなミネラルが含まれる死海の塩がふんだんに使われていること。さらには、死海の塩が、肌を柔らかくするよう秘密のレシピでブレンドされた植物性オイルで贅沢にコーティングされていること。このユニークなテクスチャーが肌になじむにしたがってミネラルがじわじわと溶け出し、まるでリッチな美容液で全身が包み込まれるよう。マッサージすると、不要な角質が優しくオフされた角質層に有用成分がたっぷりと浸透。洗い流すと、つるんと滑らか、もちっと吸い付く。できあがるのは、ずっと触れていたくなる肌・・・。

 そして、この肌質感に夢中になるうち、ふと気づかされる。あれっ? 私の肌、香りに染まってる!と。フレグランスのように「これ」とわからない。でも、すれ違ったり振り返ったり、肌に触れたりするたびに、角質層の奥からほんのりと漂うかすかな香り。ケアを重ねるたび、それが肌そのものの香りになっていく快感・・・。柔らかく滑らかでなんだかいい匂い。そんな官能肌を作る、SABONのボディスクラブ習慣。今すぐ、あなたの肌で。

■お問合わせ先
SABON Japan/0120-380-688

■関連情報
・サボン ジャパン 公式HP:https://www.sabon.co.jp
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style/photo: Kazuteru Takahashi 〈Kondo Studio〉(still)/composition & text: Chitose Matsumoto