【2月20日 marie claire style】ホテル・アンダーズ 東京の白いスイートルームの窓から差し込む早朝の光の中で、資生堂のハイプレステージ ブランド、「クレ・ド・ポー ボーテ」のグローバルブランドフェースで話題の女優、フェリシティ・ジョーンズと会うことになった。

『博士と彼女のセオリー』では、ホーキング博士の妻を演じ、『ビリーブ 未来への大逆転』では、キャリア女性の憧れの的で、人権のために闘った米国の高名な女性判事ルース・ベイダー・ギンズバーグの若かりし弁護士時代を演じる。その確かな演技力と清楚な美貌で、今もっとも旬な女優のひとりだ。

──東京は初めて?

「いえ、3回目です。最後にきたのは3年前、『ローグ・ワン』のプロモーションのためでした」

 どこかルネサンス風の、その知的な美貌だけでなく、さすがコスメティックの名門・資生堂のミューズだけあって、至近距離でみても、その滑らかな肌の美しさには見蕩れてしまう。

「小さい頃からメイクには興味があって、自分でもやってみるのが好きでした。でも自然にみえるメイクが一番綺麗だと思うようになり、そのためには、ともかく肌を大切に、特に保湿には気を付けるようにしています」

 11歳から芸能界にいて、30代半ばになった現在も滑らかな肌を保っているのは、そうした日頃のケアの賜物のようだ。

「メイクをする前と寝る前には必ず保湿をしています」

 多忙な国際的女優なのに、そうした基本の"き"のルーティンは忘れないようだ。それが彼女の美しさの秘訣なのだろう。

──普段はどんなメイクを?

「チークを薄く塗るだけ。出かける時は、チーク、マスカラ、アイライナーくらい。それとリップ・バームも」

 メイクのセンスだけでなく、ファッションにも関心が高い彼女は、「バーバリー」のキャンペーンモデルも務めている。

──好きな映画監督は?

「アルフレッド・ヒッチコック、ソフィア・コッポラ、それからウェス・アンダーソン」

 好みの監督のセンスも素晴らしい。

 英国のバーミンガムで生まれ、ハリウッドにも進出しているフェリシティだが、もともとフランス映画が好きで、お手本にしているスターはだれかときくと、「ジェーン・バーキンよ」という答えが返ってきた。

 私生活では、2018年6月に映画監督のチャールズ・ガードと、ロマンティックな英国の城で挙式をしている。

 すべてが順風満帆、これからは大女優への階段を、着実に上っていくのではないだろうか。舞台で培った演技力は、大輪の花を咲かせるに違いない。

■関連情報
RENCONTRESの特集ページはこちら
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/photo: WATARU YONEDA/text: Kasumiko Murakami