【7月26日 marie claire style】無類のファッション好き/天性のセンスを持つ注目モデル三宅亮輔カメラの前でポーズをきめるモデルの三宅亮輔。個性的なコーディネートでも不思議と自分のものにしてしまう、類い稀なカリスマ性が彼の魅力だが、ふと見せてくれる屈託ない笑顔のあどけなさに、ついこちらの顔も綻んでしまう。京都から上京し、モデルとしてキャリアをスタートさせ3年。テレビ出演や芝居など、メディアでの露出も増え、モデルとしてもアイデンティティを確立してきた、今がまさに旬の彼の魅力に迫る。

「モデルにスカウトされたのはキャリアをスタートさせる1年前。その時は今よりも体重は10㎏近く多くて、ランニングや食事制限をして『メンズノンノ』のオーディションに臨みました」。無類のファッション好きは父親譲り。特にヴィンテージ・ファッションに対するこだわりは強く、少年のように目をキラキラと輝かせながら、そのアイテムが持つ世界観やディテールについて熱く語ってくれる。「自分のファッションの基盤は50年代にあります。どんなにいろいろな格好をしても、自分という軸があることでブレないからこそ、楽しめるものだと思いますね」。洋服を選ぶ時は直感や偶然の出会いを大切にし、様々なスタイルを楽しむ。そんな彼だからこそ、今回のシューティングでも、6種のルックに合わせ、表情やポーズによってオリジナリティ溢れるムードを生み出すことを可能にした。

 この夏で23歳を迎えた。たとえ今後、取り巻く環境が変化したとしても、強い意志や自信を持って行動することを心がけていくと語ってくれた。「"頑張るのではなくて、戦え"。これは中学時代のサッカー・コーチの言葉ですが、とにかく自分を信じて戦ってきました。その根拠のない自信を原動力として行動した結果、成功したことも、失敗したこともあったし、自信過剰だと誤解されることもありました。これからはその根拠の部分を強化し、確立していきたいと思います」

■プロフィール
三宅亮輔(Ryosuke Miyake)
モデル。1995年7月3日生まれ、京都府出身。
2015年9月、第30回「メンズノンノモデル」オーディションで、約2,000通の応募者の中から合格し、現在専属モデルとして活動中。
他に、テレビ番組のメインナビゲーターや、UCC、Google HomeなどのCMにも出演。

■関連情報
marie claire style monsieur 2018秋冬特集はこちら
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style/photos: Mitsuo Okamoto / hair: KOTARO〈SENSE OF HUMOUR〉/ make-up: Nobuko Maekawa〈Perle management〉/ styling: Yoshi Miyamasu〈SIGNO〉/ interview & text: Sumire Taya