【7月26日 marie claire style】少なくとも100回は訪れているであろう、大切な場所のことを今日は書きたいと思います。神奈川県川崎市に等々力緑地という大きな公園があります。サッカースタジアム、野球場、テニスコート、釣り堀、アスレチック広場・・・。緑に囲まれたこの公園の中に、美術館であり博物館でもある川崎市市民ミュージアムはあります。

 幼い頃、母は週末になると私をここへよく連れていきました。朝食をすませ掃除を終えると、ミュージアムへ。展示を観て、図書室で本を読んだり、ビデオを観たら、当時はレストランがあったのでそこで昼食を食べました。午後になると夏はプールへ入り、それ以外の季節は公園で虫を捕まえたり遊具で遊んだりしました。

 このミュージアムは1988年の開館当初から、漫画や写真などの複製芸術の収集、展示に力を入れています。今でこそ当たり前になりましたが、『鉄腕アトム』や『カードキャプターさくら』など漫画やアニメの展示を美術館で観るというのは、私にとって驚きでした。小学生のとき、ジャズピアニストの山下洋輔さんのコンサートを初めて観たのもここでした。

 そんな幼少期を経て、大学に入るまでの間は足を運ぶ機会が少なくなってしまったのですが、最近また通っています。

 国内外の名作映画の上映、岡本太郎の作品展示(彼は川崎生まれ)、版画アトリエの開放(家で版画を刷るのは道具を揃えるのが大変なのです)、美術館図録など貴重な資料を閲覧したり・・・。

 企画展も最近では「木村伊兵衛写真賞 40周年記念展」「MJ’sFES みうらじゅんフェス! 」「生きるアート 折元立身展」「江口寿史展KING OF POP」など、心がぎゅんと唸るようなものが多い。

 9月9日までは、今年5月に亡くなられた絵本作家・かこさとし先生の展覧会が開催中です。

■展示概要
・「かこさとしのひみつ展-だるまちゃんとさがしにいこう-」
会期: ~2018.9.9(日)
会場: 川崎市市民ミュージアム 企画展示室1
お問い合わせ先: 044-754-4500
公式HP:www.kawasaki-museum.jp

■プロフィール
前田エマ(Emma Maeda)
1992年生まれ。東京造形大学卒業。オーストリアウィーン芸術アカデミーに留学経験を持ち、在学中より、モノづくりという観点から、雑誌のディレクション、ショーやイベント、ファッションブランドのモデルをつとめる。ほかにもエッセイ、写真、ペインティング、朗読、ナレーションなど、分野にとらわれない様々な活動が注目を集めている。Now Fashion Agency所属。

■関連情報
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style/selection, text, photo: Emma Maeda