【7月30日 marie claire style】手ごろな価格で旨味のある鰹をオイル漬けにしておけば、忙しい日でも簡単に一品を追加できます。そのままおつまみに、サラダに、サンドイッチに、ペーストにと応用範囲の広い点が魅力です。鰹に火を通しすぎると、パサついてしまうのでご注意を!

■How to Cook
1.鰹は塩をまぶし、キッチンペーパー、さらにラップで包んで一晩冷蔵庫に置く。
2.1を3~4等分にして、さっと湯通しする。
3.別の鍋で沸騰させた湯に鰹を入れ、弱火で10~15分加熱する。
4.キッチンペーパーを敷いたバット等に鰹を取り出し、粗熱を取る。
5.好みのハーブ、スパイス数種類とともに瓶に詰め、鰹が浸るまでオリーブオイルを注ぐ。
6.完全に冷めたら冷蔵庫で保存する(約1週間保存可能)。

■Point!
 ハーブ、スパイスはお好みのものでOKですが、柔らかい葉のフレッシュハーブ[ディル、エストラゴン等]を使う時は3日ほどで引き上げてください。香りを強調したい時にはフレッシュハーブよりもドライハーブがおすすめです。

■材料 2人分
・鰹・・・半身[約200g]
・塩・・・鰹の重量の5%
・オリーブオイル・・・適量
・ハーブ・・・適量[フレッシュハーブ:タイム、ローズマリー、ディル等/ドライハーブ:オレガノ、タラゴン、セージ、パセリ等]
・スパイス・・・適量[フェンネルシード、黒胡椒、唐辛子、ニンニク等]

調理時間・・・30分[冷蔵庫に置く時間は含まず]

■プロフィール
たかはしゆり(Yuri Takahashi
お酒と料理をこよなく愛する主婦。自らのレシピの備忘録として、2010年よりブログ「ゆりり亭 料理もお酒も無手勝流」をスタート。書籍、ウェブサイト
等へのレシピ&写真提供のほか、写真展や瀬戸の赤津焼窯元「喜多窯 霞仙」とコラボレーション展などを実施。一般社団法人日本ソムリエ協会認定・ワインエキスパート。

【関連記事】
たかはしゆり 公式サイト<外部サイト>
たかはしゆりさんのレシピを集めた特集ページはこちら
【無料ダウンロードmarie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style