【2月26日 marie claire style】春の味覚の菜の花を焼き餃子に詰めました。菜の花の春らしいフレッシュな香りとほろ苦さを活かすために、餡の具材や調味料はシンプルにし、タレもお酢と和からしでスッキリといただきます。爽やかな白ワインと合わせてどうぞ。

■How to Cook 〈調理時間20分〉
1.菜の花は粗めのみじん切りにする。玉葱は細かいみじん切りにする。
2. ボウルに豚挽肉とAを入れ、練るように混ぜ、1を加えて軽く混ぜる。餃子の皮で包む。
3. フライパンにサラダ油を入れて強火にかけ、2を並べて水を注ぎ、蓋をして5~6分ほど蒸し焼きにする。水がなくなったら蓋を取って中火にし、胡麻油を回しかけ、ほどよい焼き色になるまで焼く。
4.酢と和からしでいただく。

■Point!
餡の豚挽肉と調味料[A]は、粘りが出るまでよく練ると、焼き上がりがジューシーに仕上がります。

■材料 4人分
菜の花・・・50g
玉葱・・・50g
豚挽肉・・・100g
餃子の皮[大判]・・・12枚
サラダ油・・・大さじ1
水・・・100mL
胡麻油・・・少々
酢[穀物酢]・・・適量
和からし・・・適量

---A[調味料]---
ショウガ[すりおろし]・・・少々
ニンニク[すりおろし]・・・少々
塩・・・小さじ1/4
胡椒・・・少々
日本酒・・・大さじ1/2
胡麻油・・・大さじ1/2

■プロフィール
樋口正樹(Masaki Higuchi
2011年に「kitchen studio HIGUCCINI」を設立し料理研究家として活動開始。書籍に『野菜のだしで作る12ヶ月レシピ』(旭屋出版刊)、『HOMEMADE Pizza 美味しい生地、野菜いっぱいピザレシピ』(グラフィック社刊)など発売中。

【関連情報】
樋口正樹 kitchen studio HIGUCCINI公式サイト<外部サイト>
樋口正樹さんのレシピを集めた特集ページはこちら
(c)marie claire style