【6月26日 marie claire style】2種の豆の食感の違いを楽しむスパイシーな煮込みです。缶詰を利用すれば短時間で完成! おつまみにも食事にもなる、野菜と豆がたっぷりのヘルシーな一品です。多めに作って、残ったら小分けにして冷凍しておくといいですよ。

■ How to Cook
1.玉ネギとセロリをみじん切りにし、トマトは湯むきして2cm角に切る。
2.鍋に唐辛子とクミンシード、油を入れて香りが出るまで弱火で加熱する[焦がさないように注意]。その後、1の玉ネギとセロリを加え、玉ネギが透明になるまで炒める。
3.2に豚ひき肉を加え、塩を振り、ひき肉がポロポロになるまで炒める。
4.トマト水煮と1のトマト、赤ワイン、ローレル、好みで八角を加え10分煮込む。その後、水気を切った2種の豆と塩麹を加え、20分ほど煮込む[少し煮詰める]。
5.味を見て塩[分量外]、ウスターソースで調え、辛さが足りなければカイエンペッパーを加える。

■ Point!
唐辛子はお好みで増減してください。細かく切るほど、最初に油で熱する時間が長いほど辛くなります。豆はお好きなものを組み合わせて。水煮缶以外でも、レンズ豆は水洗い後すぐに使えるので便利です。

■ 材料 2人分
・豚ひき肉・・・300g
・白いんげん豆水煮、ひよこ豆水煮[缶詰]・・・各1缶
・唐辛子・・・5本程度[赤、青お好みで増減]
・トマト水煮[缶詰]・・・1缶
・トマト[完熟]・・・4個
・玉ネギ・・・2個
・セロリ・・・1本
・ローレル・・・1枚
・クミンシード[ホール]・・・小さじ1
・八角・・・適宜
・塩麹[ペースト状]・・・大さじ2程度
・カイエンペッパー・・・適宜
・塩・・・小さじ1/2
・ウスターソース・・・小さじ2
・赤ワイン・・・1/2カップ
・油・・・大さじ2
調理時間・・・60分

■プロフィール
たかはしゆり(Yuri Takahashi
お酒と料理をこよなく愛する主婦。自らのレシピの備忘録として、2010年よりブログ「ゆりり亭 料理もお酒も無手勝流」をスタート。書籍、ウェブサイト等へのレシピ&写真提供のほか、写真展や瀬戸の赤津焼窯元「喜多窯 霞仙」とコラボレーション展などを実施。一般社団法人日本ソムリエ協会認定・ワインエキスパート。

【関連情報】
たかはしゆり 公式ブログ<外部サイト>
たかはしゆりさんのレシピを集めた特集ページはこちら
【無料ダウンロードmarie claire style PDFマガジンをチェック!
(c)marie claire style