【5月7日 marie claire style】112本のカラーボトルを用いる神秘的なシステム「オーラソーマ」。選んだボトルは、その人の内面を映し出すとともに、そのとき、その人に必要な色を表しているといわれています。私もときどき「オーラソーマ」のセッションを受けることがありますが、それは単なるカウンセリングやアドバイスではなく、自分自身と向き合う行為に等しく、いつも神聖な気持ちになります。

 ゴールデンウイーク開けの今日は、そんな「オーラソーマ」のオーガニックスキンケア『AEOS(エイオス)』の発表会へ行ってきました。お天気もよく、陽の光を受けたカラーボトルは、キラキラ輝いてとってもキレイ!会場となった表参道のbambooには、オーラソーマ社の社長であり、その存在を広く世界に知らしめる役割を担うマイク・ブース氏も来日なさっていました。私自身、この手のものにそう詳しいわけではありませんが、女性たちを美と幸福に導くという点では、美容と同じだと常々思っています。

 新しく発売される「スキンリプニシャーリッチ」は、デメター認証の厳しい基準をクリアした500エーカーにも及ぶ自社農場で、バイオダイナミック農法で育てられたスペルト小麦のオイルが主原料。スペルト小麦は、9000年以上も前、古代エジプト時代から存在したもので、どんな肌にも合い、小麦アレルギーがでにくいといわれる貴重なもの。天然のビタミンE・トコフェロールを豊富に含んでいる上、特殊な方法で栽培されることで、大地のエネルギーが余すところなく注ぎ混まれているそう。デイクリームとして使いたい「スキンリプニシャーリッチ」にはそのスペルトオイルを15%、ナイトケアクリームとして使いたい「スキンリプニシャーリッチ+」には25%も配合しているとのこと。古代からの素材は、私たちの遠い遠い祖先から伝わる遺伝子が覚えている、という効能もあるようです。