【12月7日 marie claire style】1882年、ローマで工房を開いて以来、"愛"をテーマにしたジュエリーが世界の王侯貴族やVIPに愛されてきた「カプアーノ」。上質な素材に卓越した技術を駆使した、オリジナリティ溢れるジュエリーは、永遠の愛を誓うに相応しい。きめ細かなアフターサービスなど、顧客とのつながりを大切にするスタイルも魅力のひとつ。一生寄り添うエンゲージやマリッジだからこそ本物を選びたい。

■愛の証しに宿るダイヤモンドの気品
モデルが着用している、ダイヤモンドの格調高い美しさが際立つリングたち。センターダイヤを伝統的なセッティングで美しいカーブに留めた"セリエ・クラシコ"やクールなバゲットカットのハーフエタニティ"ペル テ"、そして、ダイヤモンドをふんだんにあしらって女性の真の美しさを表現した"クイーン"。気品漂うデザインからスタイリッシュなデザインまで、生涯寄り添いたい自分好みの1本を選んでほしい。

■秘密のアイコンに託した永遠の2人の愛
変わらぬ"愛の形"を表現したコレクション。リングを合わせると完成するハートモチーフは2人にしかわからない秘密のアイコン。ハーフハートの部分はダイヤモンドあり・なしの2種類を展開し、購入後でも、ダイヤモンドをプラスするカスタマイズが可能。スタイリッシュなハートデザインながら、甘い仕掛けが隠された"クオーレ・クオーレ"は、特別な2人にこそふさわしいペアリングだ。

■クラフツマンシップが魅せる表情豊かなデザイン力
センターダイヤを飾るリングのデザインもバリエーション豊富にラインナップ。イタリアで深い愛の絆を表す蔦の葉のモチーフが印象的な"エデラ"。愛・厳粛・誠実・勝利の誓いが4枚の葉に込められている。貴婦人という名の"ラ・ドンナ"は、気高くエレガントな表情が魅力。2連のアームにミル打ちが施された"セリエ・クラシコ"はクラシックなデザインながら優美な雰囲気を醸し出している。

■40万円台で揃う華やかなエンゲージ&マリッジ
様々な表情の花をデザインモチーフにした、華やかながらデイリーに楽しめるリング。花嫁のためのブーケを思わせる"フィオーレ・ディ・フェリチタ"は、センターダイヤを囲うデザインがゴージャスさを添えている。美しく咲き誇る花をモチーフにした"フェリチタ"は、変わることなく続く2人の愛を表現。ダイヤモンドの有無、留める位置や個数も自由にカスタマイズできる。本格的なジュエリーが手の届きやすい価格で手に入るのも嬉しい。

(PT= プラチナ)

■お問い合わせ先
カプアーノ/03-5510-7228

■関連情報
・カプアーノ 公式HP:www.capuano.co.jp
【無料ダウンロード】marie claire style PDFマガジンをチェック!

※記事内の商品価格はすべて、本体のみ(税抜)の価格です。
(c)marie claire style/photos: Tetsuya Niikura〈SIGNO〉/hair&make-up: Mio〈SIGNO〉/styling: Yumiko Ono/nail: Akiko Ichinose〈Hands On〉/text: Maki Kimura