中国で「今年の中国語2023」候補トップ5発表

12月11日 19:14


「今年の中国語2023」にノミネートされた漢字と語句のトップ5(2023年12月11日提供)。(c)CGTN Japanese


【12月11日 CGTN Japanese】中国では9日、「今年の中国語2023」にノミネートされた漢字と語句のトップ5が発表されました。

 今年度の漢字の中国国内部門のトップ5に選出されたのは「振」「智」「信」「新」「強」。語句では「『一帯一路』イニシアチブ10周年」「質の高い発展」「煙火気(庶民的な暮らし)」「村BA(農村バスケットボール大会)」「特殊部隊式観光(短期間で低予算の旅行)」が選出されました。国際部門の漢字では「危」「芯」「戦」「談」「核」の5文字、語句では「戦争」「ChatGPT」「核汚染水」「チップ」「イスラエル・パレスチナ紛争」が選出されています。

「今年の中国語2023」は、中国国家言語資源モニターリング・研究センター、商務印書館、新華網が共同で主催したイベントで、今年は11月20日に北京でスタートしました。主催側によると、これは社会で広く注目され、多くの人々が熱心に参加するイベントであり、すでに、数千件の推薦ワードが寄せられています。ノミネートされたトップ5の漢字と語句はネット上ユーザーの推薦と専門家の審議を総合し選出されたものです。最終的には、12月20日に北京で開催されるイベントで今年度の漢字と語句が一つずつ選出されます。

 専門家は、「その年の漢字や語句は、時代の特色を鮮明に反映し、社会の変化を物語るものだ。同イベントは言語の発展を記録し、国民の声を反映している。人々が中国と世界に関心を持ち、中国語の豊かな文化の内実を理解する助けになる」と分析しています。(c)CGTN Japanese/AFPBB News