最大手の化粧品会社である資生堂、海外展開を最適化するS/4 HANAにPanaya(パナヤ)とWorksoft(ワークソフト)を採用

09月15日 11:32


本リリース情報に写真はございません。(c)Digital PR Platform / PRAPJapan.Inc


AsiaNet 91653

最大手の化粧品会社である資生堂、海外展開を最適化するS/4 HANAにPanaya(パナヤ)とWorksoft(ワークソフト)を採用

ビジネスプロセスの最適化、チェンジ・インテリジェンス、テスト管理、テスト自動化への主要ソリューションは、オペレーションの一元化と優れたEコマース・エクスペリエンスのためのグローバルなITイニシアチブをサポート

ニュージャージー州ハッケンサックおよびテキサス州アディソン, 2021年9月15日 /PRNewswire/ -- SAP S4/HANAのChange Intelligenceおよびテスト管理ソリューションの業界の牽引役であるPanayaと、パッケージ・アプリケーションのためのエンド・ツー・エンドのエンタープライズ自動化の業界牽引役であるWorksoftは、両社の共同ソリューションが世界最大級の化粧品メーカーである資生堂に採用されたことを発表した。このソリューションは、統一されたグローバルEコマース戦略の一環として、SAP S/4HANAの導入のリスク回避および加速を目的としている。化粧品メーカーの資生堂は、S/4HANAへの移行を将来に渡って促進するために、市場をリードする自動化されたプロセスディスカバリーとテスト、インパクト解析、テスト管理を提供するPanayaとWorksoftの完全共同ソリューションを選択したが、同社が検討した他の主要なテスト・ソリューションよりもはるかに高いROIを実現した。PanayaとWorksoftのソリューションは、シームレスにビジネスプロセスの自動テストに変更を結びつけ、その結果、欠陥リスクを最大99%削減、テスト範囲を98%削減、テスト時間を85%削減した。

PanayaとWorksoftの共同ソリューションの導入は、資生堂が世界的に展開している事業変革プログラムであるFOCUSプログラム(First One Connected & Unified Shiseido)の目標に沿ったものであり、優れた顧客体験に焦点を当てたポストデジタル時代の成長を推進するために、38カ国にわたるグローバルなITオペレーションと標準の管理を一元化するためのデジタル変革の取り組みである。

資生堂のFOCUSプログラムのグローバルビジネスソリューション責任者であるヴェンカテッシュ・ソーマスンダラム氏は次のように語った。「進化する市場やデジタル体験に対する消費者の要求の変化に対応するためには、ITシステムをできるだけ早いスピードで変更・適応させる能力が必須となっています。SAPに関する深い専門知識と優れた機能を備えたPanayaとWorksoftの共同ソリューションは、私たちのFOCUSプログラムに理想的に適合しており、変更内容の分析、リアルタイムのレポーティング、テストの高速化と自動化をサポートしてくれます。このソリューションにより、お客様が資生堂に期待する優れた品質を維持しながら、変革を加速することができます。Panayaとの6年間の関係を考慮し、他の主要なテストツールを評価した結果、WorksoftとPanayaの完全共同のソリューションは、展開のリスクをコントロールしながらプログラムの速度に合わせるための明確な選択でした。」

「PanayaとWorksoftは、FOCUSプログラムのもと、資生堂が単一のグローバルITプラットフォームに移行する際に、テストの自動化を加速させるための重要な支援者でした。」と、資生堂のビジネス・トランスフォーメーション担当兼副社長のフランソワ・キート氏はコメントを追加した。

Panayaのチーフプロダクトオフィサー、ジネット・エズラ氏は次のように述べた。「資生堂のような多国籍企業がSAP S4/HANAの運用開始の一歩先を行くための支援を続けられることを嬉しく思います。」そして、「S/4/HANAへの移行プロジェクトでは多くの未知数があるため、コストと品質を最適化しながら本番稼動時に不良ゼロを確保することで、困難なプロジェクトをより簡単にすることができます。」と締めくくった。

Worksoftのチーフプロダクト&ストラテジーオフィサーであるショエブ・ジャヴィド氏は次のようにコメントした。「Panayaのチェンジ・インテリジェンスとコネクティブオートメーションの組み合わせは、S/4HANAのような大規模なデジタル・トランスフォーメーション・プロジェクトにおいて、企業が変更を将来的に保証し、リスクを排除するための、業界で最も堅牢で効果的な方法を提供します。共同ソリューションを採用することで、資生堂は、先見性のある戦略を必要とするイノベーションのペースで、変更の分析、リアルタイムのレポート、テストの自動化を行うことができるようになりました。」

資生堂について

資生堂は 1872 年に設立された日本の多国籍パーソナルケア企業で、世界で最も古い化粧品会社の一つ。120以上の国と地域で事業を展開し、全世界で33,000人以上の従業員を擁する、世界で5番目に大きい化粧品会社である。詳細は以下のリンクからご覧ください。www.shiseido.com

Panayaについて

Panayaは、チェンジ・インテリジェンスのプラットフォームにより、企業がアプリケーションの変更を加速し、継続的なイノベーションの提供を実現する。SAP認定パートナーであるPanayaは、ビジネスとITのコラボレーションを実現するクラウドベースのアプリケーションデリバリーとテストソリューションを提供している。より速いリリース速度と妥協のない品質で企業のアジリティを可能にするPanayaは、アプリケーションライフサイクルのエンドツーエンドの可視性を備えた最適な顧客体験を提供する。2008年以来、Fortune 500の3分の1を含む62カ国の3,000社がPanayaを使用し、エンタープライズERPおよびCRMアプリケーションに迅速な品質変更を提供している。詳細については、Panaya(marketing@panaya.com) までお問い合わせいただくか、このリンク(www.panaya.com) からご覧いただく、またはメディア関連のお問い合わせは、ダナ・アバーブーシュ氏(daverbouch@panaya.com) までご連絡ください。

Worksoftについて

SAPの認定パートナーであるWorksoftは、世界の大企業にコネクティブオートメーションを提供し、ディスカバリーからテスト、RPAまで、ビジネスプロセスの全ライフサイクルを自動化している。ワークスソフトのコードレス・オートメーションは、QAチームやグローバル・リーダーに、完璧なアプリケーションをより早く、より効率的に提供する力を与え、最大のスケーラビリティのために本番環境でRPA用にオートメーションを再利用することができる。これにより、Fortune 1000企業は、SAP、Oracle(オラクル)、Salesforce(セールスフォース)、Workday(R)(ワークデイ)、SuccessFactors(サクセス・ファクターズ)、ServiceNow(サービスナウ)などのミッションクリティカルなビジネスアプリケーションのデリバリーを加速することができる。SAPアプリケーションのテストでSAP ITに選ばれ、大手グローバル・システム・インテグレーターにも認められているWorksoftのオートメーションは、ERPのプラクティスに組み込まれ、アジャイル、DevOps、SAFeのメソドロジーをサポートし、デジタルトランスフォーメーションを加速させる。詳細については、Worksoft(info@worksoft.com) にお問い合わせいただくか、このリンク(www.worksoft.com) からご覧いただく、またはメディア関連のお問い合わせは、リズ・ブラックマン(info@worksoft.com) 、または+1 (972) 993-0425までご連絡ください。

 
(日本語リリース:クライアント提供)