ENGINE WEB

CAR 2021.4.27 

スタイリスト・祐真朋樹の「着る服×乗る車」Audi RS7 Sportback × CELINE

ジャケット32万5000円、シャツ8万7000円、トラウザーズ11万円、サングラス4万1000円(セリーヌ オム バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン Tel.03-5414-1401)スニーカー1万2000円(コンバース/コンバースインフォメーションセンター Tel.0120-819-217)※すべて税別、予定価格。

アウディRS7 Sportback × セリーヌ

今回のクルマはアウディ・スポーツ社が手がける最新のハイパフォーマンスモデル、RS7スポーツバック。2019年9月のフランクフルト・モーターショーでデビュー、2021年2月に国内販売がスタートした注目モデルだ。合わせた服はエディ・スリマンが手がけるセリーヌの2021年スプリングコレクション。表紙でモデルが着用するスタジャンをはじめ、スカジャンやニットといったベーシックなアイテムを、“ロック”を軸にしたエディ・スリマンの不変のスタイルに落としこんでいる。“走り”に軸足を置いたスペシャル・モデルには、ロックの香りのするクールな服が相応しい。

ジャケット32万5000円、Tシャツ4万7000円、トラウザーズ11万円、シューズ9万6000円、サングラス4万1000円、ソックス1万1000円(セリーヌ オム バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン Tel.03-5414-1401)※すべて税別、予定価格。
ジャケット31万円、シャツ9万1000円、デニムパンツ9万8000円、サングラス4万9000円、助手席のベルトバッグ8万8000円(セリーヌ オム バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン Tel.03-5414-1401)※すべて税別、予定価格。
ニット11万5000円、パジャマパンツ8万7000円、ネックレス15万円(セリーヌ オム バイ エディ・スリマン/セリーヌ ジャパン Tel.03-5414-1401)※すべて税別、予定価格。

Audi RS7 Sportback

2代目となるRS7スポーツバック。フロントには3Dハニカム構造のシングルフレームグリル、サイドには大きく張り出したフェンダー、リアに備えられた大型ディフューザーなど、ボディ全体に大幅な変更を加えたRSモデル専用のデザインとなっている。10.1インチと8.6インチの2つのタッチディスプレイを採用したMMIタッチレスポンスからなるインフォテイメントシステムなど最新のデジタル技術やセーフティ技術も搭載。フロントに縦置きされる4リッターV8ツインターボは、600ps/800Nmのパワー&トルクを発生、8段ATを介して4輪を駆動する。全長×全幅×全高=5010×1960×1415mm。ホイールベース=2925mm。車重=2170kg(日本仕様)。車両価格1799万円(税込)。

問い合わせ=アウディ ジャパン/アウディ コミュニケーションセンター Tel.0120-598106

ファッション・ディレクター=祐真朋樹 写真=秦 淳司 グルーミング=HIRO TSUKUI モデル=DIMA G.

(ENGINE2021年4月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ