ENGINE WEB

CAR 2021.4.29 

スタイリスト・祐真朋樹の「着る服×乗る車」Cadillac XT4 × PRADA

コート33万5500円、シャツ9万2400円、タイ3万800円、トラウザーズ13万6400円、シューズ11万4400円、サングラス4万5100円(プラダ クライアントサービス Tel.0120-45-1913)※すべて税込・予定価格。 

キャデラックXT4  × PRADA

今回のクルマは2月からデリバリーが開始されたキャデラックXT4。長年培ってきたSUV開発の先進技術を結集し、世界的に人気のコンパクトSUVのジャンルに初参入したモデルだ。合わせた服は、エッジィで未来的なプラダの春夏コレクション。ミウッチャ・プラダが単独で発表する最後のコレクションとして話題だ。新たなジャンルに打って出るキャデラックと、次なる時代のフェーズへと移行するプラダの競演だ。

ジャケット30万8000円、シャツ9万2400円、 トラウザーズ12万8700円、シューズ11万4400円 (プラダ クライアントサービス Tel.0120-45-1913)※すべて税込・予定価格。
ニット21万1200円、トラウザーズ24万2000円、サングラスは4万5100円、助手席のバッグ 31万9000円(プラダ クライアントサービス Tel.0120-45-1913)※すべて税込・予定価格。
スウェットシャツ13万8600円、シャツ9万2400円、タイ3万800円、トラウザーズ14万8500円、シューズ9万1300円、サングラスは4万5100円(プラダ クライアントサービス Tel.0120-45-1913)※すべて税込・予定価格。

Cadillac XT4

SUVのラインアップに力を入れるキャデラックから、フラッグシップの「エスカレード」、ラージサイズの「XT6」、ミッドサイズの「XT5」に続く、コンパクトな「XT4」が日本に上陸した。全長4605×全幅1875×全高1625mmという日本市場にピッタリなサイズのモデルだ。エクステリアは、存在感のあるペンタゴングリルやシャープなLEDライトをフィーチャーしたアグレッシブなデザインで、コンパクトながらもキャデラックならではの風格がある。インテリアはアメリカン・ラグジュアリーの世界観を踏襲しつつ、最新のデジタル技術や先進の安全運転支援機能なども備えている。エンジンは新開発の2.0リッター・ターボを搭載。ラインアップはラグジュアリー系の「プレミアム」570万円、ラグジュアリー系かつトップグレードの「プラチナム」670万円、スポーツ系の「スポーツ」640万円(以上、すべて税込)の3モデルを揃える。
問い合わせ=キャデラック/GM ジャパン・カスタマー・センター Tel.0120-711-276

ファッション・ディレクター=祐真朋樹 写真=秦 淳司 グルーミング=HIRO TSUKUI モデル=RONNIE

(ENGINE2021年5月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ