ENGINE WEB

CAR 2021.4.7 

流麗なクーペ・ルックの電気自動車、BMW i4が姿を現した

BMWはグループの年次総会において、新しい電気自動車となるBMW i4を披露。そのエクステリアと概要が発表された。

最高出力はM4級!

ボディ・タイプはクーペ・ライクな4ドアで、BMWでいうところのグランクーペのようなデザインだ。ボディ・サイズは明示されていないが、見た目とi4という車名から類推すると4シリーズと同じDセグメント級ではないだろうか。

搭載される電気モーターの最高出力は390kW、すなわち530psで、0-100km/h加速タイムは4秒前後。航続距離は最大590 kmとされる。ただし、これらのデータは最大値であり、複数用意される各仕様により異なる模様だ。そのラインナップには、「Mパフォーマンス」版も含まれるという。

BMWのピーター・ノタ取締役はこのi4を「スポーティなルックスとクラスベストの運動性、そしてゼロエミッションを備える真のBMW」だと評する。これからの電動化時代にBMWがどのようなクルマづくりで対応していくのか、その一端をこのi4はうかがわせるものとなりそうだ。

前後のライトや大型のキドニー・グリルなどには、4シリーズとの類似点を見出せるが、これが近く登場するであろう4シリーズ・グランクーペとどこまで共通なのかは今のところ不明だ。メカニズムなどの詳細も含め、続報を待ちたい。

文=関 耕一郎

(ENGINEWEBオリジナル)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ