ENGINE WEB

TOPICS 2021.3.26 [PROMOTION]

ケンウッド「低濃度オゾン発生器」で車内の空気環境に安心を!

文・浅利星司(本誌)

ひとりならマスクを外して過ごせる車中でも、だれかが同乗すれば、マスクをし、気を使いながらドライビングしなければならない。自宅やオフィスでも、モノに触れることすら細心の注意を払うのが当たり前の世の中に。そんな心配を払拭してくれる「低濃度オゾン発生器」が、先ごろ空気清浄分野への参入を発表したケンウッドから、除菌清浄装置の第一弾として発売された。

ポータブルタイプの低濃度オゾン発生器「CAX-DM01」
USBコネクタで車内やオフィス、自宅でのテレワークなど、様々な場所で使用可能。大きさ8.8×3.3×1.7cm、本体重量30g。適用範囲は2〜4m³。オープン価格。

オゾン(O₃)は太古から自然界に存在する物質で、強い酸化力を持っていることで知られている。その特性から、近年では基準値以下の低濃度オゾンであれば、殺菌作用、ウイルスの不活化、脱臭等々、生活に役立つさまざまな効果が認められており、実際に食品や医療などの分野でも幅広く活用されている。

今回、ケンウッドから発売された「低濃度オゾン発生器」は、ポータブルタイプ「CAX-DM01」と、車載タイプ「CAX-DS01」の2モデル。

いずれも「多重リング式コロナ放電」によって、大量のイオンと低濃度オゾンを生成させる仕組みだ。この生成の際に強力なイオン風も発生。その風に乗って、イオンと低濃度オゾンが遠くまで放出されることで、目に見えないウイルスやニオイのもとにしっかりと反応し、除菌・消臭に優れた効果を発揮するのだという。

車載タイプの低濃度オゾン発生器「CAX—DS01」
低濃度オゾンとイオンのW効果で、ウイルスやニオイを元から除菌・消臭。同心円状の多重リング式コロナ放電システムを採用しているので、強力パワーで車内を快適な空間に変えてくれる。一般的な乗用車だけでなくトラックなどの大型車にも対応。ソーラーパネルでも駆動し、駐車時にも除菌・消臭できる。大きさ12.5×4.0×14㎝、本体重量280g。適用範囲は3〜8m³。3.0mシガーコード付属。オープン価格。

2モデルのうち、車載タイプ「CAX-DS01」は、走行中はシガーソケットから電源を供給することで稼働する。また、一般的な乗用車だけでなく、トラックなどでも使用できるDC12V/24Vに対応し、USBからも給電可能なので、さまざまな車で使用できる。またソーラーパネルも搭載しており、駐車中でも稼働して車内の空気の除菌・消臭を行なってくれる。

加えて、イオン風の発生のおかげでファンも付いていないから、実に静か。フィルターレスでメンテナンスが簡単なところも、ドライバーにとってはうれしい限りだ。

ケンウッドから新発売された低濃度オゾン発生器は、(左) 車載タイプ「CAX-DS01」と(右) ポータブルタイプ「CAX-DM01」の2タイプ。

もう一つのポータブルタイプ「CAX-DM01」も、様々な場所やシーンでの活躍が期待できるスグレモノだ。重さわずか30g、長さ8.8cmのコンパクト設計で、ポケットやバッグに入れて手軽に持ち運べる。

電源はUSBコネクタを採用し、車内はもちろん、オフィスや自宅でのテレワークでも、パソコンなどにつなぐだけで使用が可能。こちらも車載タイプと同じくファンが無く静かでフィルターレスでありながら、強力なイオン風が発生し、低濃度オゾンとイオンを広範囲に放出してくれる。

身の回りの空気を常にきれいに保ちたいという人に、ぜひ使ってほしい。安心安全のための明日のために、コレ、オススメです。

◇問い合わせ=JVCケンウッドカスタマーサポートセンター 
Tel.0120-2727-87(固定電話からはフリーダイアル)/ 0570-010-114(携帯・PHSからはナビダイアル) / 045-450-8950(一部IP電話)
   www.jvckenwood.com

 (ENGINEWEBオリジナル)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

TOPICS トップへ