ENGINE WEB

PLAYING 2021.3.13 

上海蟹の名店が日本初上陸 定番メニューで楽しむ話題の中華!

「蟹王府(シェワンフ)日本橋店」は、この冬にオープンしたばかりの、話題の中国料理店。最高品質の上海蟹を一年中楽しむことができる。

上海蟹の胸肉を蒸して炒め、筒状の点心“ポーピン”を添えた「蟹肉炒めポーピン添え」小盆(約3人前)1万円(1人前3800円)。上海蟹の胸肉は味噌や卵に近く、淡い甘味のある部位。小盆に約20杯分の上海蟹の胸肉が使われているスペシャリテだ。

東京・日本橋に初上陸した「蟹王府」は、2002年に上海で創業し、2019 年にミシュランの一つ星を獲得した人気店。店名が示す通り、看板食材は上海蟹だ。同店は60年以上の歴史を持つ上海蟹の専門企業、上海成隆行グループが手がけているため、上海西方の太湖で自社養殖した、最高品質の上海蟹を一年中楽しむことが可能。「蟹王府 日本橋店」にも、現地から頻繁に空輸される上海蟹を生かした料理が豊富に揃う。

通年のスぺシャリテの一例「蟹肉炒めポーピン添え」は、旨み豊かな胸肉をしっとりと蒸し、味噌と卵と共に自家製の蟹油で炒めたもの。これをパリッとした蘇州の点心“ポーピン”に詰めて楽しむオリジナル料理だ。もうひとつのスペシャリテ「南蘇名物 夫婦蟹味噌ソースかけご飯」は、白子と卵、味噌、蟹油のソースを白飯にまぜて味わうと、濃厚なコクが広がり、長い余韻が陶酔をもたらす。

通年の上海蟹料理は、他にも「蟹肉入り小籠包」「燕の巣入り蟹肉醤油煮込み」や、潮州料理にヒントを得た「蟹王府 特製氷結蟹」などがあり、計30種類以上。さらに8月~2月には活け上海蟹の「姿蒸し」も楽しめる。3月~7月は国産の栗蟹や毛蟹の料理も登場。張万利総料理長は広東料理も得意ゆえ、「吉品干し鮑と北海道干しナマコの煮込み」のような乾貨の料理も見逃せない。

上海蟹の味噌、白子、卵と身を使ったソースをご飯と混ぜあわせて、バルサミコ酢をかけて楽しむ「南蘇名物 夫婦蟹味噌ソースかけご飯」3000円。ランチ2800円~、ディナー2万5000円~。
店内は80席。個室は4室あり、壁には見事な蘇州刺繍が施されている。12月12日オープン。
支配人の野坂裕彦さん。

●蟹王府 日本橋店
東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井二号館1F Tel.03-6665-0958 営業時間11:00~15:00、17:00~22:00 休業日は施設に準ずる 要予約

※記載の営業時間は緊急事態宣言解除後のものです。最新の営業時間は店舗にお問い合わせください。価格は税サ別です。

 

文=小松めぐみ(フード・ライター) 写真=田村浩章

(ENGINE2021年4月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

PLAYING トップへ