ENGINE WEB

CAR 2021.2.16 

ついに前輪Wウイッシュボーン採用! 新型ポルシェ911GT3をスーパーカー超王こと山崎元裕氏が解説

ポルシェは2021年2月16日(現地時間)、現行モデルの992型911をベースとする新型「GT3」を発表した。1999年に誕生した996型911ベースの初代から数えて、これでGT3は第4世代へと進化を遂げたことになる。

ちなみに新型GT3に掲げられたキャッチフレーズは、「これまで以上にモータースポーツへと近づくこと」。その証明ともいうべき、ニュルブルクリンクのノルドシュライフェでのラップタイムは6分59秒927。これは先代GT3より17秒以上速いタイムに相当する。

1852mmの全幅から考えるとボディはカレラ系と共通か。先代911GT3RSではさらにワイドな「ターボ」用のボディが用いられたが、新型もワイド・ボディの使用はRSまでお預けのようだ。
スワン・ネックのリア・ウイングはウイングの支持が上にあるため、空気の流速を遅くしたくないウイング下部の流れを妨げない。つまりウイングの効果が上がる。最近の市販車ベースのレーシング・カーではお馴染みの形状。
ダウンフォースの向上に効果があるのか、バンパーの上面はカレラやターボ系よりも長く見える。ボンネットには冷却系の能力を高めるためにエア・アウトレットが2つ備わる。
タイヤは前後異径サイズで、フロントが255/35ZR20、リアが315/30ZR21。先代よりも前後ともに幅が10mm広がり、リアの直径が1インチ大きくなっている。

新型GT3にはもちろん、さまざまな新技術が導入されている。まず外観からもひと目でその進化が想像できるのは、空力効率のさらなる向上で、4段階にアジャストが可能なスワン・ネックのリア・ウイングとデフューザーを組み合わせたリア・セクションによるエアロダイナミクスは、デビュー以来モータースポーツの世界で大きな成功を収めている911RSRに由来する。参考までに実際のダウンフォースは、先代GT3の4倍にも達する。

リアに搭載されるエンジンは、3996ccの水平対向6気筒自然吸気。最高出力&最大トルクは510ps&470Nmという数字で、これは先代の同排気量エンジンと比較して10ps&10Nmの強化を果たした計算になる。レブリミットは9000rpmと高回転型で、インテーク・システムには6バレルのスロットル・バルブが備えられるなど、こちらもモータースポーツとの関連性は大きい。スポーツ・エグゾースト・システムも同様に、以前のGT3に装着されていたものより軽量に設計されている。ガソリン・パティキュレートフィルターを2個も装備していながらだ。

組み合わせられるミッションは6段MTとデュアルクラッチ式7段自動MTのPDKからの選択が可能だ。動力の供給を中断することなく、1ミリ秒以内でのシフトチェンジを可能とする後者は、加速性能を大幅に向上させ、0-100km/h加速を3.4秒で(6段MT仕様は3.9秒)、0-200km/h加速を10.8秒で(同11.9秒)で走り切る。最高速はPDKモデルが318km/h、MTモデルは320km/hと発表されている。

インパネは基本的にカレラやターボ系から大きな変更はなさそう。スポークの右下に走行モード切替が備わるステアリングもほかのモデルと同形状。ただし、リム表皮はアルカンターラ、もしくはアルカンターラ仕立てとなる。
注目はカレラやターボ系と同じく指針式を継承するレヴ・カウンター=エンジン回転計。GT3のロゴが誇らしい文字盤に刻まれたレッド・ゾーンは9000rpmから始まる。
マニュアルのシフト・レバーのような形状だが、これはPDKのセレクト・レバー。上にある2枚のインパネ写真もPDKモデルだ。
ポルシェには多種多様なシートが設定されるため、これが標準仕様のものかはわからないが、このようなレーシング・バケットのようにホールド性の高いものも用意される。シートベルトはボディ同色になっているが、これもいろいろと選択できるはず。
本来は後席が備わる部分に張り巡らされたロールケージ。欲しい人は無償で選べる。GT3は2シーターだ。

一方、このパワーを受け止めるシャシーでは、フロントにこちらも911RSR譲りのダブルウイッシュボーン・フロントアクスルを、ロードモデルとして初採用したのが大きな話題。さらにLSA(軽量・安定・俊敏)コンセプトに基づいた5アーム式のリア・アクスルにはボール・ジョイントを追加。走行速度に応じて同位相、逆位相ともに2度を操舵する後輪操舵システムも標準装備となる。

ブレーキもより強化され、フロントのディスクは直径が380mmから408mmにまで拡大され、かつ重量は17%軽量化された。タイヤはフロントが255/35ZR20、リアが315/30ZR21の前後異径サイズ。通常の高性能スポーツ・タイヤに加えて、オンロード使用が認証されたサーキット・タイヤもオプションとして設定されることになった。

ドイツ・ニュルブルクリンク北コースでタイムアタックする新型ポルシェ911GT3。有名なジャンプスポットでタイヤが宙を浮くのは全開の証。
リアのエンジン・フード後端にはリップ・スポイラーが備わる。
新型ポルシェ911GT3のニュルブルクリンク北コースでのタイムは6分59秒927。ついに7分切りを達成した。先代911GT3が7分12秒7だったから、12秒8の短縮だ。

そして新型GT3にとってもうひとつの大きな課題は、さらなる軽量化にあった。ボンネットとリア・ウイング、スポイラーなどには炭素繊維強化プラスチック(CFRP)が採用され、カスタマーのリクエストによっては、ルーフもCFRP製とすることができる。車重は乾燥重量で6段MT仕様が1418kg。ボディ・サイズが全長×全幅×全高で4573×1852×1279mmであることを考えれば、その軽量性はさらに際立ったものになるといえるだろう。

まさに劇的な進化を遂げた新型911GT3。冒頭で触れたノルドシュライフェでのラップタイムは、初代GT3が記録したそれよりも1分以上速い数字でもある。20年という時間を費やした結果の1分は、世界のポルシェ・ファンをさらなる興奮と感動へと導くに違いない。

ボンネットに配されたエア・アウトレットは先代の一体型から2分割タイプに変更。開口部面積は小さくなったが、開口部後方の傾斜している部分が長いので、空気の抜け自体は変わらないか、むしろ向上しているかもしれない。
エンジン・フードはカレラ系などとは異なった形状になっている。エグゾーストはセンター2本出し。
テールライトはカレラやターボ系同様、横一文字デザイン。その下で左右2つずつ光っているのはブレーキ・ランプだ。

文=山崎元裕

(ENGINEWEBオリジナル)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ