ENGINE WEB

FASHION 2021.2.16 

Ermenegildo Zegna◆クルマ好きのための “新” 三種の神器

エルメネジルド・ゼニアからセレクトした、“新” 三種の神器は、ショート丈のフーデッドコート、サングラス、そしてスリッポン。いずれも春らしい淡いカラーリングのアイテムだ。

Ermenegildo Zegna
アクティブに着るベージュ

スーツなどのイメージが強いが、じつは上質素材を使ったスポーティなアイテムも非常に得意。春らしいベージュトーンのアイテムでアクティブに! 【1】乗車時に邪魔にならないショート丈のフーデッドコート。脇に縫い目がなく、裾にかけてストレートに落ちるシルエット。袖の内側がリブ仕様になっており、袖がずり上がったり、落ちてきたりしにくいのも嬉しい。【2】淡いブラウンのレンズがシックなサングラス。あまり極端ではないティアドロップで掛けこなしやすく、ツートーンになった先セルが洒脱な印象を添える。【3】ラムナッパレザーを織り込んだ素材”ペッレ テスータ”をサイドにあしらい、クリーンなカーフレザーと組み合わせたスリッポン。クッションの効いた軽量ソールで歩きやすい。

【1】ショート丈のフーデッドコート。47万2000円。●ゼニア カスタマーサービス Tel.03-5114-5300

 

【2】サングラス。5万円。●ゼニア カスタマーサービス Tel.03-5114-5300

 

【3】スリッポン。9万9000円。●ゼニア カスタマーサービス Tel.03-5114-5300

文=野中邦彦 写真=植野 淳 スタイリング=土田拓郎
(ENGINE 2021年02・03月合併号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

FASHION トップへ