ENGINE WEB

WATCH 2021.1.17 

オリス/オリス史上画期的な自動巻きムーブメント誕生

時計特集トップへ

複雑に機能する時計のムーブメントは、もはや小宇宙といっても過言ではない。スーパースポーツカーにとってエンジンが大切なように、時計選びもエンジン=ムーブメントがキモなのだ!

ORIS(オリス)/アクイス デイト キャリバー400
キャリバー400を搭載する記念すべき初モデルは、300m防水の定番ダイバーズウォッチ「アクイス」だ。海をイメージしたブルーグラデーションダイアルや同色のセラミック製逆回転防止ベゼルを配し、デザインも爽やかで美しい。自動巻き。5日間(120時間)パワーリザーブ。ステンレススティール、ケース直径43.5㎜。税別34万円。

ローターの回転も改良。従来のボールベアリングを低摩擦のスライドベアリングシステムに置き換え、効率的で堅牢な方式で故障しにくくした。

ORIS

最適価格で最高の品質を提供することをポリシーに掲げるオリスが、100年以上の長い歴史を経て理想的な自動巻きムーブメントの開発に成功した。それは、ツインバレルによる5日間の長時間パワーリザーブとシリコン製脱進機による耐磁性が備わる自動巻きで、推奨オーバーホール期間10年、保証期間10年という画期的な「キャリバー400」だ。構想から完成までに5年を要したこの最新ムーブメントは、フラッグシップのダイバーズウォッチ「アクイス」に搭載され、発売されたばかり。外観は従来どおりでもエンジンはまったく別物。それが最適価格で手に入るのも素晴らしい。

時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

オリス自社製ムーブメントは、手巻きのキャリバー110シリーズも素晴らしいが、新型自動巻きはそれを超える快挙。長時間パワーリザーブやシリコン製脱進機に加え、自動巻きローターにも新技術を投入。それを人気のダイバーズにポンと搭載して手頃な価格で発 売するなんて、ユーザー感覚を大切にするオリスらしくて実にいいね。

ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

オリスが満を持して発表した新ムーブメントは、5日間(120時間)というパワーリザーブにも驚かされるが、注目したいのは10年毎という推奨オーバーホール期間だ。新たなローターシステムや非鉄素材、シリコン脱進機などを採用し、高い耐磁性も実現した信 頼性に優れたムーブメントだからこそ実現したのだが、ユーザーにとっては朗報だ。

文=菅原 茂/前田清輝(ENGINE編集部) 
(ENGINE 2021年1月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

WATCH トップへ