ENGINE WEB

PLAYING 2021.1.17 

【ENGINE・ハウス】ドイツ車が収まるコンクリートのグリーン・ハウス 居心地のいい緑の箱

増改築を繰り返してきた長年住み続けた家。建て直すことになって指名したのは、日本ではまだ実績のない若い建築家。そして、思いもよらないステキな家ができあがる。

門扉のないオープンな入口。緑色に塗られた壁面。摩天楼のように、大きな箱がランダムに林立する建築は、写真右奥の生駒山の一部のようにも見える。一体中はどうなっているのか、誰もが気になることだろう。この独創的な建物は、ワイン輸入業Tさん(66)のお宅である。

若い建築家に任す

ここはかつてTさんのお婆様の家だった。Tさんが住み始めたのは40年前のこと。奥様もここに嫁いできたので、この場所での生活には数多くの思い出がある。前の家屋も建築家が手掛けたものだが、何度も増改築を繰り返し、歳月には勝てない部分が多くなった。これまでお世話になってきた年上の建築家が勧めたのは、リフォームでなく建て替え。しかも「次は若い人に頼むべき」というアドバイスを添えた。

中央のリビングからは、正面に大阪の街が見えるように設計されている。生駒山が見える2階のバルコニーは、外階段からそのまま上がれる構造。パーティ時は人気の場所だ。仕事柄客人をワインでもてなすことが多く、巨大なワインセラーを特注した。

とはいえ、若い建築家にあてがある訳でもない。同年代の夫婦に増えている都会のマンション暮らしも考えものだ。そんな時に、「いい建築家がいる」と息子さんが紹介してきたのが菅原大輔さんである。パリの世界的な建築事務所などでの経験を経て日本に帰ってきたものの、当時はまだ駆け出しの建築家だった。もっとも、穏やかな笑顔が印象的なこの青年から、明確な個性が感じられたのではないだろうか。それだけユニークな視点の持ち主なのだ。

学生時代に違う大学の学生たちと交流し、教えられている以外に様々な建築手法が存在することを知った菅原さん。あえて異なる経験をするため、卒業後はパリで働いた。かの地で学んだのは、コンセプトが最重要ということだった。

大切な友人をもてなす家

Tさん夫妻が必要としていたのは、夫婦ふたりが居心地よく暮らすための家。けして豪華な家ではなかった。ただし海外の友人を招いても、恥ずかしくないものでないといけない。ちょっとしたパーティを催し、知人たちに楽しんでもらう機会もある。新居は、この背反する命題を解決する必要があった。

立地は、生駒山麓の住宅地。眼下に大阪の景色が広がる絶好のロケーションだ。菅原さんは、Tさんの要望やこの場所との関わり合い、周辺環境を鑑み案を練った。特にコンセプトにこだわり、この場所で暮らした家族の物語を反映させることに力を注いだ。できあがったのは、必要な部屋をひとつの四角い箱とし、つなぎ合わせたうえで各部屋の不要な部分を削った、相当に大胆なプランである。平面図を見れば、いくつもの歪な形の部屋が組み合わされているのが分かるだろう。

このユニークな間取りの利点は、デッドスペースがなくなるうえ、隣家の窓と正対することがないので、プライバシーが保たれること。そしてなによりリビングの窓から、大阪の街がよく見える。夜景、特に「花火の夜は最高」だとか。

家が建ってから分かった予想外のメリットもある。以前の家は、リビングダイニングとキッチンがひと続きの、40畳ある大空間だった。見通しはいいが、パーティで招いた人はどこか所在なげにしていた。それが今度の家では小さな人の集まりがいくつもでき、居心地がよさそうだという。海外からの友人たちも、個性あるこの家には、ニヤリとさせられたことだろう。

長年大切に使ってきたリビングルームのピアノは、部屋に合わせて塗り直した。

大胆な発想だけでなく、細やかな心遣いも菅原さんの特徴だ。床面積と比較して、T邸がかなり小さく見えるのは、周囲への配慮の表れである。庭の石や木も無駄にしないで、モダンな家にマッチした庭を自らデザインした。Tさん夫妻が使っていた調度品は趣味の良いものが多いので、リペアして新居で使うことを提案。長いこと大切に使ってきた思い入れのある緑色のソファに合わせ、外壁も同じ緑色に塗った。遠くの生駒山にも通ずる色だ。

カーテンや壁掛け時計、新しい家具など調度品の選定にも喜んで同行し、アドバイスを行った。奥様から「喋りやすくて聞き上手」と評される菅原さんが、「センセイ」ではなく「スガちゃん」と呼ばれている理由がよく分かる。

階段ホールに置かれている緑色のソファは、前の家で大切に使っていたもの。この色が建物の緑色につながっている。壁面のコンクリートの仕上げは凹凸をつけたニュアンスのあるもの。

クルマ選びはリスクヘッジ

「2台クルマがあると便利」と語るTさんの車庫には、BMW340i(2016年型)とメルセデス・ベンツG55AMG(2005年型)が収まっている。選んだ理由はズバリ「リスクヘッジ」。

「会社を経営していると、なかなか思うような外車に乗れないものです。とくに昔はそうでした。でも中古ならいいだろうと、友人の乗っていたBMW325を譲り受けたんです。家内は大反対でした」

ところが奥様がお子さんたちを乗せて運転している際、高速道路の最後尾で追突されてしまう。前後の国産車は全損となったが、幸い家族は無傷だった。これを契機に奥様の考え方は180度変わり、以来30年ほどBMWを乗り継いでいる。

玄関から続く廊下からも、この家の複雑な構造が伺える。

G55AMGを選んだのは、奥様がどこかで「ゲレンデヴァーゲン」を見かけたのがきっかけである。安心感があるので、長距離のドライブにはこちらを使うことが多い。数年前、中国地方を記録的なゲリラ豪雨が襲った時もドライブの最中だったが、悪天候に強いクルマで事なきを得た。常にガソリンを満タンにして、いざというと時にはシェルター代わりに、とも考えている。

いい施主は名建築の条件

身を守ってくれる安全なクルマ同様、この家はTさんに安心感を与えている。また、以前よりも気力が充実した毎日を送れているそうだ。建築家は若いので、今後の対応も心配ないだろう。そして施工会社の担当者も若い。そんな彼が、技術的に難しいT邸での様々な経験から、社内で信頼と評価を得ていることをTさん夫婦は喜んでいたのが印象的だ。

振り返ってみれば、この家を建てた理由のひとつが、「カッコイイ生き方を若者に示すのは、大人の役目」とTさんは話していた。それまで大きな実績のない若者たちが、チャンスを与えられたのがこの家である。そして託された彼らは、見事に応えた。なんともカッコイイ生き方ではないか。突き抜けた家は、建築家ひとりの力ではけして生まれない、と思ったものである。

■建築家:菅原大輔(1977年東京生まれ、早稲田大学大学院修了)。
大学院修了後渡仏。世界的な建築家であるJakob+Macfarlaneや坂茂のパリ事務所を経て、2007年に自身の事務所を設立。住宅だけでなく、被災者の住宅や幼稚園、オフィスの設計を手掛ける。また、地方再生プロジェクトや美術館の会場構成にも関わるなど、幅広い分野で個性的な活動を行っている。多くのメディアで紹介された自邸には、小さなサイズなら駐車できるスペースが。今後予定されている郊外での仕事に備え、クルマを検討中とか。http://sugawaradaisuke.com/

文=ジョー スズキ 写真=山下亮一

(ENGINE2017年3月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

PLAYING トップへ