ENGINE WEB

CAR 2021.2.11 

ポルシェ356スピードスター、356プリA、73カレラ2台など珠玉のポルシェと暮らす。クラシックの嗜みとは歴史を継ぐこと!

お嬢さんの一言でどうしても73カレラが欲しくなり、縁があって日本で販売された第1号車を手に入れた隅本 勉さん。いまではポルシェ好き垂涎のコレクションがガレージに並ぶ。

とにかくページを繰って写真を見ていただこう。珠玉のコレクション。わずか10年ほどでこれほどの個体を揃えたオーナーの、ポルシェへの思いの原点は一体どこにあったのか。訪ねる前から気になっていた。

物語の主人公は隅本 勉少年だ。漫画『サーキットの狼』がブームになる前から、勉少年の家にはポルシェがよくやってきた。父上の一番の親友だった人で、当時、ポルシェクラブの会長だった。勉少年の目にはいつも違うポルシェでやってくるカッコいいおじさんだと映っていた。1ドル360円の時代、ポルシェは今よりもずっと高価な存在だった。そんな高級スポーツカーをとっ替えひっ替えしてやってくる父の親友に勉少年は憧れたのだ。同時に、ポルシェという国産車とは全く異なるスポーツカーの姿も、少年の心を奪った。

とはいえ、そこから長らくポルシェとは縁のない生活を隅本さんは送ることになる。大学病院で働いていたからだ。転機は開業医になってからやってきた。ようやくポルシェを買えたのだ。青い997カレラだった。しばらくして白い997カレラ4Sも手に入れ、めでたく憧れの2台持ちとなったある日のこと。小さな娘を乗せて国道171号線をドライブしていると、レモン・イエローの73カレラに背後を取られ、あっという間に抜き去られてしまった。その時のお嬢ちゃんのひと言が隅本さんの心に火をつける。

「どうしてパパのクルマは遅いの?」

少年の頃の想いが急に蘇った。早瀬左近に抜かれた気分になった。どうしても73カレラRSが欲しい。心に決めた隅本さんは早速、探し始める。それが10年くらい前のことだった。

疑惑の73カレラ

現在のように空冷ポルシェの相場が異常な高値になってはいない頃、とはいえ、探してすぐに見つかるようなクルマでもなかった。73カレラは見つからず、代わりに67年式ナローの911Sタルガを手に入れた。隅本さんにとってそれが初めての旧車であり、空冷ポルシェだった。

クラシック・カーの世界ではよくある話だけれども、クルマを買った人の元へ良い話が続々と舞い込む。ナローを買った途端、あれだけ探しても見つからなかった73カレラの売り物があるという情報が入った。赤に黒いストライプの個体だった。

隅本さんはその縁を逃さず、ついに73カレラのオーナーになった。ところがその個体のことを調べれば調べるほど、来歴に疑問が湧いた。クルマ仲間の集まりでも妙な点をいくつも指摘されてしまった。クラシック・ポルシェの世界では有名なルートから買った個体にもかかわらず。不審が募る。

その一方で、偽物だ! と周りが勝手に騒ぐけれど、クルマそのものには満足する自分もいた。何しろレンシュポルトだ。サーキットを走ることも多かっただろうし、エンジンがブローしたり、ミッションを壊したり、ボディ・パネルを交換したりということは日常茶飯事だったに違いない。それに昔は価値がこんなに上がるなんて誰も思っていなかった。隅本さんも頭ではそう理解していた。

感情と理性が混じり合うなかで、ナロー2台持ちと言う人も羨む生活を送っていた隅本さんにある時、予期せぬ出来事が起きる。どこでどう自分の噂を聞きつけたのか、東京のとある業者が「正真正銘、本物の73カレラがあるので一度お宅の個体と並べてみないか」と、わざわざ積載車に載せて芦屋の自宅までやってきたのだ。想像するに、どうしても早く売る必要があったに違いない。

やってきたのが白い73カレラRSで、なんと、その昔にカーグラフィック誌の表紙を飾った日本向け1号車、それもマニア垂涎の初期ロット500台中の1台だった。隅本さんが最初に買った赤い個体も、ボディはどうやら本物らしかった。けれども実際に2台を並べてみれば、発するオーラがまるで違う。オーナー心理の綾を超えた何かを、白い個体は持っていたに違いない。

当時としては高い相場で白い個体を引き取った。周りからは高過ぎると言われたが、グローバル相場をチェックしていた隅本さんには適正な取引価格に思えた。案の定、73カレラRSの取引相場はその後、もう一段も二段も上昇していくことになる。

73年式のカレラRSが2台、それも日本1号車と2号車が揃う。中でも白い方の1号車(#077)は初期生産500台のうちの一台でマニア垂涎のコレクターアイテムだ。一方の2号車(#552)もアーバジンという珍しいオーダーカラーを纏っている。

さらに隅本さんのガレージを見た件の業者が、アーバジン(茄子色)という珍しいボディカラーの73カレラ日本2号車があるから、隅本さんの67ナローと赤い73カレラの2台とを抱き合わせて交換しないか、という話を持ちかける。2号車はかなりの改造車で売却に困っているようだった。隅本さんは快諾した。

2号車は初代オーナーがサーキットを走るために、当時のポルシェ純正レーシング・パーツを使ってほとんどRSRのように仕立てあげた個体だった。フラット6エンジンは2.7リッターから2.8リッターへボア・アップされ、後に3.4リットルのコンプリート・エンジンに換装された。その2.8リッター・エンジンは、初代オーナーが同時に所有していた同じくアーバジンのナロー911Eへ載せ替えられていた。

最近、海外からやってきたばかりの52年式プリA。ベント・ウィンドウのタッチバンパー、内側に寄ったフロントのターン・ランプ、角型のリア・ランプなどが52年式半ばモデルの特徴だ。エンジンは54年式に載せ替えられている。

そのまま2台とも引き継いだ二代目オーナーの後、行き別れとなっていたが、紆余曲折あって昨年、2.8リッター・エンジンが元の鞘に治った。周りからはすべてオリジナルに戻せと言われているが、隅本さんは初代オーナーのこのこだわりをできるだけキープしたいと思っている。

58年式のスピードスターにしてもそうだ。実はこの個体も有名なコレクターの元所有になるもので、本誌にも登場したことがある。スピードスター・ブルーの外装色をはじめ、元オーナーの好みに合わせて後から手を加えられ、その至極のコレクションの中にあって尚、最も愛された個体だった。それゆえ、隅本さんはそのまま引き継いで乗っている。

イベントで知り合った仲間が自らデザインし製作してくれたキー掛け。隅本さんのガレージには4台のクラシック・ポルシェのほか、997と奥様用のマカンが収まっている。まさにポルシェ好きはクルマ好きではない、ポルシェ好きなのだ。

クラシックの嗜みとは歴史を継ぐことにあると隅本さんはいう。そして、ポルシェとはフォーマルにもカジュアルにも使える格好良さの象徴だと断言した。小さいけれども大きなものに負けない強さもまたポルシェの変わらぬ魅力だ、とも。

海外から隅本家にやってきたばかりの52年式最終プリAは、果たしてどんな物語をこれから紡いでいくのだろう。

文=西川 淳 写真=望月浩彦

(ENGINE2021年1月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ