ENGINE WEB

WATCH 2020.11.30 

リシャール・ミル/完全自社製クロノグラフが新登場!

時計特集トップへ

2020年下半期、新作時計速報! 恒例の時計フェアは中止になっても、ジュネーブや上海、そして東京での個別発表に加えて、オンラインでも新作時計が続々リリースされている。時計はいつも活力をくれる一種のビタミン。元気カラーでお洒落、ハイスペックと3拍子揃ったこんな最新モデルに注目だ。

リシャール・ミル

新作「RM 72-01」の最大の特色は、自社内で開発とデザインが行われた初の完全自社製フライバッククロノグラフ・ムーブメント。3・8・11の数字を強調し、ブルーのスモールセコンド、オレンジの60分計、グリーンの24時間計を配したオープンワークのダイアルも独創的で、ハイテクウォッチの新たな美学を提唱している。

RICHARD MILLE(リシャール・ミル)/RM 72-01 オートマティック フライバック クロノグラフ
この20年間に蓄積したノウハウも具体化したという最新作は、完全自 社製フライバッククロノグラフ・ムーブメントやデザインに結晶したいわば"代表作"。自動巻き。ケース縦47.34㎜×横38.4㎜、30m防水。レッドゴールド(右)税別2600万円、チタン(左)税別予価2050万円。

ショパール/新作クロノグラフもスタイリッシュ

新世代のスポーティなラグジュアリーウォッチとして2019年にデビューした「アルパイン イーグル」にクロノグラフが加わった。洗練されたデザインのみならず自社製ムーブメントもまた大きな魅力。自動巻きムーブメントは、フライバッククロノグラフ機能が備わり、COSC認定クロノメーターの高精度という逸品だ。

CHOPARD(ショパール)/アルパイン イーグル XL クロノ
大型ケースを採用して特許取得の秀逸な自社製フライバッククロノグラフ・ムーブメントを搭載。自動巻き。 60時間パワーリザーブ。直径44㎜、100m防水、ルーセント スティール A223(右)税別220万円、ルーセント スティール A223×エシカルローズゴールド(左)税別307万円。

オメガ/プラチナゴールドのボンドモデル登場

ジェームズ・ボンドとの長年にわたるパートナーシップを祝う特別な「シーマスター」の2020年モデルは、ケースが特別な高級感が漂うプラチナゴールドで作られ、個別番号入り。今回も007のロゴやボンド家の紋章、007にまつわるエレメントが針やインデックスなどに配され、ファンやコレクターには見逃せない。

OMEGA(オメガ)シーマスター ダイバー300M ジェームズ・ボンド プラチナ ナンバード エディション/
ブラックエナメルにホワイトゴールドでガンバレル(銃身)のデザインを施したダイアルも007の世界に誘う。自動巻き。コーアクシャル脱進機、COSC認定クロノメーター、METASによるマスタークロノメーター取得。プラチナゴールド、ケース直径42㎜、300m防水。税別557万円。

チューダー/スポーティでエレガント、そして若々しい

日本でも人気急上昇のチューダーが新コレクション「チューダー ロイヤル」を発売予定だ。特徴はラインを刻んだ独特のノッチドベゼルとケース一体型のインテグレイテッドブレスレット。日本展開サイズは41㎜、38㎜、28㎜の3種類。41㎜だけが日付とフルスペルの曜日表示が備わるデイデイト式で、価格も大いに魅力的だ。

TUDOR(チューダー)/チューダー ロイヤル
3サイズを展開するモデルそれぞれにローマ数字を配したブラック、シルバー、ブルーのダイアルが揃う。いずれも自動巻き。ステンレススティール。100m防水。日付と曜日表示付き41㎜モデル(右)税別22万8000円、日付表示付き38㎜モデル(左)税別22万3000円。年内発売予定。

時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

自社製フライバッククロノグラフ・ムーブメントを搭載して新作を発表したリシャール・ミルとショパール。同じ複雑機能でも、先端のハイテクを駆使して圧倒的な技術力を示す前者と、伝統技術の高度な洗練に注力する後者は好対照を成しているが、ストーリーが豊富な点ではどちらも同じ。日常生活ではまず使う機会のないクロノグラフ機能なのに、なぜか熱く語りたくなる時計だ。

ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

完全自社製フライバック・クロノグラフを搭載したリシャール・ミルの新作に、ショパールの「アルパイン イーグル」からは待望のクロノグラフが登場し、ラグジュアリースポーツは相変わらず元気だ。チューダーの新作もダイアルこそドレッシーだが、ケースと一体化されたようなブレスレットと個性的なベゼルはスポーティな装いにもマッチしそう。

文=菅原 茂(時計ジャーナリスト)/前田清輝(ENGINE編集部シニア・エディター)
(ENGINE2020年12月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

WATCH トップへ