ENGINE WEB

CAR 2020.12.9 

【メルセデス・ベンツ300TE(1992) 長期レポート ♯50 】メンテ場所が近くなった

初回から読む

過去13年間分の雑誌記事をWEBで再掲載している連載です。毎週水曜日12時更新。

***

メンテ場所が近くなった

新年早々、ニュースが飛びこんできた。44号車の面倒をみていた芝浦ヤナセのサービスマンが、1月9日にオープンするサービスセンターに異動になるという。赴任先はヤナセ神田支店・文京サービスセンター。編集部から近い! お祝いをかねてオイル交換へ。44号車はヤナセ純正の鉱物オイル(SAE 5W-40)を約8000㎞ごとに交換している。走行距離の多い44号車にとってメインテナンス工場が近くなったのは大変ありがたい。

文=荒井寿彦(ENGINE編集部) 

■44号車/メルセデス・ベンツ300TE
MERCEDES-BENZ300TE
購入価格:168万円
導入時期:2008年9月
走行距離:3万4570km+16万7100㎞

2008年にENGINE編集部は「長期テスト44号車」としてメルセデス・ベンツ300TE(1992)を購入。1984年にデビューしたこの124型は「消耗部品をちゃんと交換していけば新車同然の状態で長く使える」と言われた名車で、それを検証すべく連載スタート。購入時の走行距離が3万4000㎞だった44号車は、12年後の2019年に走行距離30万キロを突破し、いまだ現役です。

(ENGINE2013年3月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ