ENGINE WEB

CAR 2020.11.13 

ミニ・クラブマンがちょっとお色直し

2代目ミニ・クロスオーバーがモデル・サイクル後半に向けフェイスリフトを行った。

外観での大きな変更はテールライトで、ほかの最新型ミニ同様、ユニオンジャックをあしらったものに刷新された。それ以外では、ヘッドライトの内部デザインや前後バンパーの形状も新しくなっている。内装では液晶パネル式を新たに設定されたのが大きな注目点と言えるだろう。機能面は基本的に従来モデルのものを踏襲しているものの、廉価版に設定されていた1.5ℓ直3ターボがラインナップから落ちた。価格は430万円~609万円。

文=新井一樹(ENGINE編集部)

(ENGINE2020年12月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ