ENGINE WEB

WATCH 2020.10.11 

ラルフ ローレンから「ポロ ウォッチ コレクション」が登場!

時計特集トップへ

1967年にラルフ・ローレン氏が自身の会社をPoloと名付けた瞬間から夢に描いていたタイムレスな世界。

アイビーリーグ クラシックス、由緒あるイングリッシュ ハバダシャリー、ダウンタウンスタイル、そしてアメリカン スポーツルックを包括するスタイルは、ラルフ・ローレン氏が持つPoloの持つスタイリッシュなライフスタイルが表すイメージだった。

そんなラルフ ローレンのアイコニックなロゴを大胆にあしらった「ポロ ウォッチ タイムピース コレクション」が誕生した。

コレクションは、ラルフ ローレンの描くライフスタイルを体現したファッショナブルでアクティブなイメージを体現している。回転ベゼルを備えたダイバーズウォッチのスタイルのケースにブランドロゴが複数の色層で3Dプリントされたネイビー、グリーン、ブラック(2種)のラッカー仕上げのダイアル。

そこに、シボ加工のレザーストラップや本物の織物シャツ地にインスパイアされたコットンマドラスストラップ、さらに1990年代のアパレルコレクション風にPolo Sportのロゴをプリントしたレザーストラップのいずれかを選んで合わせられる。

まさに自分のスタイルに合わせて服をコーディネイトするように、好みの仕様に腕元を演出できるのだ。

ポロ ウォッチ コレクション/自動巻き。ステンレススティールケース直径42㎜、10気圧防水。パワーリザーブ約38時間。税別18万4000円〜21万8000円。

そして、ラルフ ローレンのこだわりは品質の高いファッションアイテム同様に、ムーブメントにも及んでいる。スイス製の自動巻きムーブメントを採用しているだけでなく、高級時計に施されるコートドジュネーブやペルラージュ装飾がケースバックから楽しめるのである。

ファッションも本格時計も楽しみたい。そんな欲張りな願いを叶えたいならば、ぜひこちらを手に取って欲しい。

文=前田清輝(ENGINE編集部シニア・エディター)
(ENGINEWEBオリジナル)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

WATCH トップへ