ENGINE WEB

WATCH 2020.8.9 

新作速報! オメガ/耐磁性を備える最高峰のトゥールビヨンが出現

時計特集トップへ

新たな “物語” を紡ぐブランド渾身のモデルが集結! 時計フェアの中止による混沌とした状況でも、ホットな新作が次々と登場している。タグ・ホイヤーやパテック フィリップ、オメガ、ブランパン、フランクミュラーなどストーリーもまた興味深い最新作を紹介します。

デ・ヴィル トゥールビヨン ナンバード エディション/直径43㎜のケースは18Kカノープスゴールド。ダイアルやムーブメントには18Kセドナゴールドを使用。超耐磁性の手巻きトゥールビヨンムーブメントは、コーアクシャル脱進機装備で、COSC認定クロノメーターおよびスイス連邦計量・認定局によるマスタークロノメーター認定の高性能。税別1888万円。

OMEGA

耐磁性と高精度が特徴のマスタークロノメーター認定を推進するオメガ。新たに挑んだのはハイエンドのコンプリケーションだ。その成果が最新作の「デ・ヴィル トゥールビヨン ナンバード エディション」。

新開発の手巻きムーブメントは、トゥールビヨン機構をダイアルの中心に置く異例の設計のみならず、1万5000ガウスの磁場でも正常に回転するケージの製造に成功し、マスタークロノメーター認定を受けるのに必須の秒表示も実現した。シリコン製テンプや18Kカノープスおよびセドナゴールドなどの素材も含め、最先端技術を結集した記念碑的な傑作だ。

 
コンステレーション マスタークロノメーター/セラミック製ベゼル、ラバーライニングを施したアリゲーターストラップを採用してリフレッシュ。自動巻き。コーアクシャル脱進機装備、COSC 認定クロノメーターおよびスイス連邦計量・認定局によるマスタークロノメーター認定。ステンレススティール、ケース直径41㎜、50m防水。税別70万円。

時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

複雑時計の高度な技術の継承と発展に加え、さらに実用面で有意義な革新をもたらしたのが最新トゥールビヨンの快挙。シンプルを極めるユニークなフェイスの裏で時計を取り巻く磁力や重力といった目には見えない敵に立ち向かっているこのトゥールビヨンが俄然頼もしく見えてきたぞ。

ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

トゥールビヨン&マスタークロノメーターという高精度最強の組み合わせに目を奪われつつも、注目したいのがリニューアルしたコンステレーションだ。シックさを残しつつもスポーティさを纏って、まさに今の気分! 特徴であるベゼル左右の爪がゴールド仕様のモデルもあり、よりラグジュアリーな雰囲気を楽しみたい人にはそちらもオススメだ。

文=菅原 茂(時計ジャーナリスト)/前田清輝(ENGINE編集部シニア・エディター)
(ENGINE2020年9・10月合併号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

WATCH トップへ