ENGINE WEB

PLAYING 2020.7.23 

お家で再現するフランス料理界の巨匠、ドミニク・ブシェのスペシャリテ!

世界中の食通を魅了するドミニク・ブシェ氏。そんなシェフの逸品「牛テールの赤ワイン煮込み」を自宅で再現できる料理キットが登場した。

「牛テールの赤ワイン煮込み」。東京・銀座の「ドミニク・ブシェ トーキョー」では8品2万5000円のディナーコースに含まれている看板メニューだ。

パリと東京、名古屋、京都で5軒のレストランを率いるドミニク・ブシェ氏は、「ラ トゥール・ダルジャン」や「オテル・ドゥ・クリヨン」の総料理長を務めた大御所シェフ。そんなブシェ氏のスペシャリテを自宅で再現できるよう、真空パックにした料理キット「レ・キット by ドミニク・ブシェ」が誕生した。バリエーションは、アペリティフのお供から、前菜、メインディッシュまで。なかでもシェフのファンにとって見逃せないのが、スペシャリテの「牛テールの赤ワイン煮込み」を再現できる「キット・牛テール」だ。なめらかなじゃがいものピュレを添えた「牛テールの赤ワイン煮込み」は、フォンドボーベースのソースの味わいが絶妙な逸品。かつて絶大な人気を誇った料理番組、「料理の鉄人」の“ミレニアム・カップ”で優勝したエピソードももつ看板メニューだ。

「キット・牛テール」の内容は、「牛テールの赤ワイン煮込み」と「季節の野菜」「トリュフの香るじゃがいものピュレ」の、3種の真空パック。説明書の指示に従ってそれぞれを湯煎で温め、盛り付け、味わってみれば、それはレストランで出されているのと寸分も違わぬ味わいだ。フォンドヴォーと赤ワインと牛テールの旨みが相まったソースは、「美味しいソースを真面目に作り、流行にとらわれない」ことを良しとするブシェ氏の哲学が表れたもの。やはりソースはフランス料理の醍醐味だ、などと納得してしまう美味しさである。

「牛テールの赤ワイン煮込み」と「季節の野菜」「トリュフの香るじゃがいものピュレ」の3種の真空パックをあわせた「キット・牛テール」。1名分6000円、2名分1万円(税込)。賞費期限は製造日より冷蔵で7日間。到着日の4日前までに注文を。

説明書ではレストランでの作り方も紹介されており、それを読めば、とろけるような牛テールの柔らかさが5時間かけて煮込んだ賜物であることがわかる。しかも、牛テールを煮込む際に用いるフォンドヴォーを作るためには、2日間かけられているとか。その手間と愛情に思いを馳せつつ味わえば、いっそう味わいが増す。説明書には“ソムリエのおすすめドリンク”の紹介もあり、「牛テールの赤ワイン煮込み」には「熟成させたボルドーの赤ワイン」や「淡色ビールと黒ビールのハーフ&ハーフカクテル」「スモーキーな香りと奥深い味わいのプーアール茶」がよく合うとか。ここぞという日には、お好みのドリンクも用意して満喫したい。

ドミニク・ブシェ氏。パリの老舗「ラ トゥール・ダルジャン」やパラスホテル「オテル・ドゥ・クリヨン」の総料理長を務めた後、2004年に独立。パリ8区にオープンした「ドミニク・ブシェ」は、開業後まもなくミシュランガイドで1つ星を獲得。

「レ・キット by ドミニク・ブシェ」の予約はドミニク・ブシェ トーキョーのホームページより
https://www.dominique-bouchet.jp

■ドミニク・ブシェ トーキョー
住所:東京都中央区銀座1-5-6  銀座レンガ通り福神ビル 2F
電話番号:03-6264-4477 
営業時間 12:00〜13:30LO、18:00-20:30LO 
不定休

文=小松めぐみ(フード・ライター)

(ENGINEWEBオリジナル)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

PLAYING トップへ