ENGINE WEB

CAR 2020.8.1 

大井貴之さん/80年代のスポーツカーの代名詞、930型911ターボで学んだ運転の極意

これまでに出会ったクルマの中で、もっとも印象に残っている1台はなにか? 多くのクルマを知る自動車ジャーナリストとエンジン関係者59名が、それぞれの人生で出会った「決定的なクルマ」について綴ったエッセイです。自動車ジャーナリストの大井貴之さんが選んだのは、「ポルシェ911ターボ」。人生を変えたクルマの物語をどうぞお楽しみください。

ツンデレな930ターボ

運転免許を取得して初めて運転したのは、トヨタのKP61型スターレットだった。このクルマで運転の楽しさを知り、有頂天に。長くなった鼻をへし折ってくれたのが、911ターボという性格のきつい女だった。

私の人生に大きく影響を与えたクルマと言えば、間違いなくポルシェ911ターボだと思う。なのだが、軟禁の日々はとてもヒマなので再確認の意味も含め昔を振り返ってみた。

1978年の12月から教習所に通い始め、免許証が交付されたのは1979年の1月末。もう、41年も前のことになる。教習車は当時の定番、コラムシフトのクラウンだった。目出度く免許を取得して初めて乗ったクルマは、KP61型スターレット。実はこのクルマも大井貴之の人生に影響を与えた1台だと言える。

昭和53年、1978年のことなので少なくとも50歳を過ぎていないと分からない話になってしまうが、そのTVCMが凄かった。現在で言えばヤリスやフィットにあたる小型ファミリーカーだったスターレットのコマーシャルなのに、オベ・アンダーソン率いるTTE(現在のTGRE)のラリー・ドライバーが未舗装のヘアピン・カーブを3台連なってドリフト! 最後は片輪走行になり転倒したとかしないとかが話題となった斬新(ワクワク)な内容だった。ラリーが大好きだった兄が、母親を騙して買わせた大井家のファミリーカーがそのKP61。搭載エンジンは1300ccのOHV。たったの72psだが、730kgの軽量ボディ、当時としては珍しかったラック&ピニオンのステアリング・ギヤボックス(トヨタ車としては2000GTの次に採用)、リアサスはリーフ・リジットではなく4リンク・コイル。

このクルマ、本当に楽しかった。100km/hまでの加速には多分7、8秒かかっていたと思うが、当時の私にとっては充分。何よりもクイクイ曲がる! 自由自在に操れるような気分にしてくれる、運転の楽しさを教えてくれたクルマ。コイツに乗っていなかったら……きっと人生が変わっていたと思う。

その後、10万円以下のクルマを次々に乗り換え(壊し)、いつかは海外ラリーに挑戦したい! と、ひたすら走りまくっていた。ひょんなことからレースに出ることになったのが1985年。マシンはEP71型スターレット。デビュー戦は10番手からのスタートだったが、雨が降ってきて3位表彰台。もう、クルマのコントロールなら誰にも負けないと思っていた。その長い鼻をへし折ってくれたのが1989年製の930型ポルシェ911ターボだ。登場してすぐに手に入れたR32型GTRにドライビング的な未来を感じなくなっていたタイミングでの出会い。

しかし、期待通りだったのはスタイリングだけ。直進性にGTRのような安心感はなく、脇汗かきまくり。コーナリングは進入も立ち上がりも超アンダーステアで無理矢理向きを変えようとするとスピン。どの自動車雑誌にも世界最高の制動能力って書いてあったブレーキは、あっけなくロックしてちっとも止まらない。コレはショックだった。

それから暫くは、一目惚れして結婚してみたらとんでもないヤツだったが、誰もが羨む美人だったので我慢! という感じでご機嫌取りの毎日。しかし、その厄介なご機嫌取りのドライビングがオレのドライビングを変えてくれた。それまでは丁寧なアクセル・コントロールと言えば踏み方しか考えていなかったが、アクセルの緩め方を考えるようになった。ブレーキも初期の踏み方を変えるだけで最高のブレーキに変身。ステアリングとペダル・ワークの連携が何よりも大切! 文字にしてみれ ば簡単。今も当たり前のように言われていること。今のクルマにも同じ操作が求められるのだが、失敗しても電子制御がカバーをしてくれる。高グリップ・タイヤが守ってくれる。

しかし、この時代の911はすぐに背中を向ける。性格のきつい女だったのだ。ツンデレな930ターボと仲良くなるために、何年も、何万キロも費やしたが、お陰で今のドライビングを手に入れることが出来た。ということで、スターレットとポルシェが大井貴之の人生に大きな影響を与えたクルマである。

文・写真=大井貴之(自動車ジャーナリスト)

・Twitter
@ohisan

・YouTubeチャンネル「クルマで遊ぼう! 大井貴之のSports Driving Labo.」
https://www.youtube.com/channel/UChshnsP0z2NQyY4y-3bqXcg

(ENGINE2020年7・8月合併号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ