ENGINE WEB

WATCH 2020.7.4 

【特集】美しい仕上げのブレスレットに注目! ラグジュアリー・スポーツウォッチ

特集トップへ

オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク」やパテック フィリップの「ノーチラス」、そしてヴァシュロン・コンスタンタンの「オーヴァーシーズ」に代表されるラグジュアリー・スポーツウォッチ。これらのモデルは1970年代の誕生以来、世界中で絶大な人気を誇り、その人気は落ち着くどころか加速するばかり。

ブレスレットがさらなる輝きをもたらす、ラグジュアリー・スポーツウォッチ

ステンレススティールケースのモデルにおいては注文をしても手元に届くのが数年待ちということも珍しくないほどだ。そして、昨年にはH.モーザーやA.ランゲ&ゾーネ、ローラン・フェリエ、ウルバン・ヤーゲンセンなど、ドレス系高級ブランドからも続々と新モデルが発表され、ショパールからは「アルパイン・イーグル」が復活するなど、ラグジュアリー・スポーツウォッチのカテゴリーは、ますます盛り上がりを見せている。

そんなラグジュアリー・スポーツウォッチの魅力は、なんといってもスーツにもマッチするエレガントなデザインと細部にいたるまで丁寧に作り込まれた仕上げの良さだろう。高精度な自社製ムーブメントも大きなポイントだが、やはり気になるのは外装だ。中でもブレスレットはケース(時計本体)と同じくらい気になるところ。

ケース同様に凝ったデザインにコマのひとつひとつまで施された美しい仕上げは、見る者を虜にするはずだ。そして、そうしたブレスレットに惹かれてで時計の購入を決める人も少なくないだろう。肌に寄り添い、そしてさりげなく主張するブレスレットは男性にとってかけがえのないアクセサリーにもなるはずだ。

HUBLOT ビッグ・バン インテグラル キングゴールド/「ビッグ・バン」誕生から15年、異素材の斬新な組み合わせを得意としてきたウブロがこんどは同素材でケースとブレスレット統合型の新デザインを開発。すっきりしたラインと落ち着いたサテン仕上げが好印象を生む。自動巻きクロノグラフ。18K キングゴールド、ケース直径42mm、10気圧防水。税別556万円。5月発売予定。

思わずブレスレットで買いたくなる、ENGINE編集部注目のラグジュアリー・スポーツ

1月に開催された「LVMH ウォッチウィーク ドバイ2020」にて発表されたウブロの「ビッグ・バン インテグラル」。「ビッグ・バン」では初めてケースと融合したインテグレーテッド メタルブレスレットを備えている。ケース同様にシャープなデザインに加えて、構成するコマの面取りがリンクし、しなやかな着け心地を実現している。ラグジュアリー・スポーツを知り尽くしたウブロならではのこだわりが光る。

 

BREITLING クロノマット B01 42/ブライトリングにおける「発見」のストーリーは、有名なルーローブレスレットを復活させ、ライダータブもオリジナル通りに使える「クロノマット」の新しいコレクションにも展開する。現代的にアップデートした最新モデルながら、1980年代に通じるレトロモダンの味わいが魅力的だ。自動巻きキャリバーB01。COSC認定クロノメーター、パワーリザーブ約70時間。ステンレススティール、ケース直径42㎜、200m防水。税別89万円。今夏発売予定。[写真右・ブレスレット]フランス語でルーローは「円筒形」の意味。1983年にフレッチェ・トリコローリのために作られた「クロノマット」に付けられたのがオリジナル。

ブライトリングのファンにとって待望の復活となったルーローブレスレットを採用した「クロノマット B01 42」も見逃せない。パイロットの必要とする計器としての腕時計というルーツを持つモデルだが、ルーロー(円筒形の意味)の名の通り、他にはない唯一無二とも言える円柱が連なるように構成されたブレスレットは機能性を追求して生まれたものだが、ラグジュアリーな雰囲気をまとっている。ルーローブレスレットのファンならずとも魅力を感じるはずだ。

 

CZAPEK アンタークティック テール・アデリー/チャペックでは初となるラグジュアリー・スポーツウォッチ。センター3針にバーインデックスとシンプルな構成のダイアルだが、施された手作業による縞模様のラメ装飾やエッジのきいたインデックス、シャープな針が見事に調和し、静謐な輝きを放っている。また、ケースとブレスもダイアルから繋がるような一体感あるデザインは、ダークネイビーやグレーのビジネススーツなどを着用するビジネスシーンにおいても活躍してくれるはずだ。自動巻き、パワーリザーブ約56時間。ステンレススティール、ケース直径40.5㎜、120m防水。99本の限定生産。税別235万円。

2015年に復活した名門、チャペックからも初のラグジュアリー・スポーツモデルが誕生した。ドレスウォッチを彷彿とさせる上品な佇まいだが、やはり気になるのはブレスレットだ。人間工学に基づいて開発されたというケースと一体型となったブレスレットは着け心地もさることながら、ブラッシュ仕上げの中に浮かぶポリッシュされたセンターのコマがジュエリーのような雰囲気をもたらしている。ステンレススティールのケースとブレスレットとは思えぬ存在感だ。まさにスーツが似合うモデルと言えよう。

文=前田清輝(ENGINE編集部シニア・エディター)
(ENGINEWEBオリジナル) 

総合アクセスランキング

最新の人気記事

WATCH トップへ