ENGINE WEB

FASHION 2020.6.18 

グッチのウェアを着たテニス選手と対戦!? いまファッション×ゲームが熱い!

新しいカルチャーが生まれる時というのは、えてして異分野同士の化学反応がきっかけになるもの。ここ数年のファッションとゲームの間にも、そんな”何か”が起きている予感がある。そんななか新たにグッチが人気ゲームアプリ『Tennis Clash』とコラボした。

GUCCI × Tennis Clash

これまでも”ゲームとコラボした服”というのは決して珍しくなかった。しかし最近の傾向として、より強いパートナーシップを結ぶケースが増えているのが特徴だ。たとえば、ニンテンドースイッチの大ヒットゲーム『あつまれ どうぶつの森』では、世界中から数多くのファッションブランドが洋服の“マイデザイン”を無償で提供、それをアバターに着せて自由に楽しむことができる。また、オンラインゲームの世界大会をファッションブランドがサポートするという新しい流れも生まれている。

こうしたなか、6月18日(木)よりグッチのユニークな試みがスタートする。スマホなどで遊べるゲームアプリ『Tennis Clash(日本での名称は「プロテニス対戦:ゲームオブチャンピオンズ」)』とコラボし、グッチのアイテムを身に付けたバーチャルプレイヤー、ダイアナとジョナがゲーム内に登場。彼らと対戦できるのはもちろん、画面からダイレクトにグッチ公式オンラインショップに飛び、着ている服を購入することもできる。

グッチのコレクションからインスパイアされたテニス用ワードローブが男女2セットずつ用意され、バーチャルプレイヤーのダイアナとジョナが着用。プレイヤーはグッチ公式サイトで同じ服を購入することができる。

また、同ゲーム内の新トーナメントとして「グッチ オープン」を開催。期間限定でエントリーを募り、ユーザー同士の対戦により獲得ポイントを競うという内容だ。また、各ユーザーは特別に用意されたグッチ仕様のラケットを装備して戦うこともできる。ちなみにこの『Tennis Clash』というゲーム、Google Play の「2019年 対戦型ゲーム ベスト5」に選ばれるほどの人気ぶり。世界中のプレイヤーとオンラインで対戦でき、臨場感たっぷりなプレイを楽しめる。

ゲーム内で行われる期間限定のトーナメント「グッチ オープン」。会場のあちこちにグッチのロゴやシグニチャーがあしらわれ、プレイヤーは限定デザインのストリング(ラケットに張られた糸)でプレイすることもできる。

グッチといえば、昨年7月に公式アプリ内にゲームセクションを設け、ちょっと懐かしくて楽しいコンテンツを提供中だ(これが難易度も高くて意外にハマる。そしてBGMやビジュアルがクール!)。若年層への認知拡大という狙いもあるだろうが、それ以上にファッションとゲームの新しい関係性を創造しようという意気込みが伝わってくる。もしかしたら、こうした取り組みから新たなカルチャーが生まれるかも……と期待してしまう。

問い合わせ=グッチ ジャパン クライアントサービス Tel.0120-99-2177

 

文=野中邦彦

総合アクセスランキング

最新の人気記事

FASHION トップへ