ENGINE WEB

WATCH 2020.6.7 

ENGINE編集部が推す、2020年新作時計|アイ・ダブリュー・シー

特集トップへ

IWC/目玉は新生「ポルトギーゼ」のフルコレクション

今年の主役は、「パイロット・ウォッチ」や「ダ・ヴィンチ」と並んでブランドの柱のひとつを成す「ポルトギーゼ」。1930年代にルーツをもち、90年代半ばからクロノグラフを中心に世界で人気を博してきた「ポルトギーゼ」だが、今回の特色は新作の全モデルが最新の自社製ムーブメントを搭載するコレクションになったところ。さらにはオリジナルのデザインを生かしながら40㎜ケースを採用する着けやすいコンパクトなモデルから、カラーダイアルで新鮮なイメージを演出するクロノグラフ、永久カレンダーやトゥールビヨン搭載の高度な複雑時計にまで幅を広げたところも愛好者には見逃せない。

ポルトギーゼ・パーペチュアル・カレンダー42

3つのサブダイアルで日付、曜日、月を表示する永久カレンダー機構を最新の自社製ムーブメントの82000シリーズに初めて搭載した新作。永久カレンダーの調整がリュウズひ とつで可能なのもIWCならではの特色だ。ゴールドと色調がマッチしたサントーニ製のアリゲーター・ストラップの味わいもまた格別だ。自動巻き。レッドゴールド、ケース直径42.4㎜、3気圧防水。税別342万円。またSSケースのモデル(税別234万円)も展開する。

 

ポルトギーゼ・ヨットクラブ・クロノグラフ

イエローゴールド&ステンレススティールのコンビでブレスレット仕様のデザインは、洗練されたスポーティ・エレガンスの味わい。時間と分の同軸積算表示やフライバック機能などクロノグラフの高度な技術も見所だ。自動巻き。ケース直径44.6㎜、6気圧防水。税別212万5000円。

 

ポルトギーゼ・オートマティック40

コンパクトな40㎜ケースと最新の自社製ムーブメントを組み合わせたシンプルな自動巻きモデル。6時位置にスモールセコンドを配した中2針は、1930年代のオリジナルから各種の現代モデルに継承される伝統的なスタイル。ステンレススティール、3気圧防水。税別72万5000円。

 

ポルトギーゼ・クロノグラフ

1990年代のデビューから世界で人気を博すクロノグラフは、新たに自社製ムーブメントを搭載してリニューアルしたばかりだが、グリーンやバーガンディなど鮮烈なカラーダイアルも登場。自動巻き。ステンレススティール、ケース直径41㎜、3気圧防水。税別79万5000円。

 

時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

実は戦前の懐中時計クロノメーターも含め古くからのIWC愛好者の一人。今回の「ポルトギーゼ」コレクションは、見かけは比較的地味で通好みではあるけれど、「技術のIWC」という本来の姿が表現されていると思う。42㎜ケースに永久カレンダーを搭載した新作に物欲を刺激されたが、手に入れるなら控え目なステンレススティールだ。

ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

ブランドの顔的なコレクションである「ポルトギーゼ」といえば大きなムーブメントを積んでいるイメージが強いが、ケース直径40㎜の新作には驚かされた。これまで、憧れはあっても手首が細くて購入を諦めていた人にも朗報だと言えよう。また、グリーンダイヤルなど鮮やかな新色も気になる一方で、ラグジュアリーさを手に入れた「ヨットクラブ」が新鮮だ。

文=菅原 茂(時計ジャーナリスト)/前田清輝(ENGINE編集部シニア・エディター)
(ENGINE2020年7月号)

総合アクセスランキング

最新の人気記事

WATCH トップへ