ENGINE WEB

CAR 2020.5.22 

最新のオシャレ系コンパクトSUV 3台乗り比べ コンパクト・カーでSUVは最強か!?

コンパクトSUVの最新モデルの中からイケてる3台、マツダCX-30、フォルクスワーゲンTクロス、DS3クロスバックをピックアップ。自動車の中心に立ちつつあるSUVはコンパクト・カーの世界でも主役になれるのか。

選んだ3台とその特徴は?

新井 セグメント、いわゆるボディ・サイズという観点から見て自動車舞台のセンターに立ったコンパクトと、ボディ形状別の区分において今や自動車の中心になりつつあるSUVを組み合わせた、ある意味で現在の自動車ヒエラルキーの中で最強のカテゴリーかもしれません。

齋藤 取り上げたのはマツダCX-30、フォルクスワーゲン(以下VW) Tクロス、DS3クロスバックの3 台。いずれもニューモデルだよね?

新井 2019年に登場した新しいコンパクトSUVの中でもとくに注目度の高いモデルを集めました。ただし、3台は横並びというわけではなく、CX-30はVWゴルフなどが属するいわゆるCセグメント、TクロスとDS3クロスバックはVWポロやプジョー208と同じBセグメントに属するといったように、セグメントが若干異なります。

マツダCX-30 XD・Lパッケージ
フォルクスワーゲンTクロス1st
DS 3クロスバック・グラン・シック

上田 CX-30はマツダ3の、Tクロスはポロ、DS3のSUV版と言えば理解しやすいでしょう。

新井 コンパクト・カーとSUVって相性がすごくいいと思うんです。同じボディ・サイズのハッチバックよりも室内や荷室を広く取れるので室内が狭いというコンパクトの弱みを解消しやすいから。

齋藤 全高に余裕があるということが寸法取りにおいてすべてをラクにしているよね。

上田 SUVボディなら1つ上のクラスのハッチバックやセダンに近いことができます。

齋藤 スタイリングが良くて、前後の席に人が無理なく座れて、荷室容量も大きい。さらにハッチバックやセダンに遜色ないオンロード性能を有し、エンジン性能を使い切れるだけの高速巡航対応能力がある脚を持ちながらも円満な乗り心地を確保している。またサイズも程々で手に余らない上に、ハッチバックやセダンでは難しいような悪路にも行ける。といったように、コンパクトSUV はこのクラスが中心になりつつあることが納得できる商品になっている。

上田 今、一番美味しいカテゴリーかもしれませんね。

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ