ENGINE WEB

CAR 2020.6.27 

「ポルシェをデザインする仕事」第9回/山下周一 (スタイル・ポルシェ・デザイナー) 独占手記

特集トップへ

かつては冷蔵庫、洗濯機、テレビだった〝三種の神器〞が、今では新たな道具に取って代わられたように、カー・デザイナーの〝三種の神器〞にも変遷がある。

本文にもあるヴェラム紙にプリズマカラーで描いてみた。久しぶりの感触。プリズマカラーが削れていく感触は鉄にヤスリをかけている感触に近いかも。学生時代、好きな車は、と聞かれてポルシェの928と答えた。あの時点ですでに発売から16年も経っていたにもかかわらず、斬新なスタイリングは自動車デザインを学ぶ学生にとって一つのあこがれでもあった。

第9回「カー・デザイナーの〝三種の神器〞(前篇)」

スマホ、充電ケーブル、携帯型バッテリー。さてこれってなんでしょう? 独断と偏見ではありますが、これらこそ現代版〝三種の神器〞で はないでしょうか? 今どきスマホ があれば、ほぼなんでも出来る。調べ物、地図、電話、テレビも観られるしラジオも聴ける。本だって読めちゃう。電車にも乗れるし、買い物だって出来てしまう。スマホこそが現代人のマスト・ツールであります。なので一番怖いのがスマホのバッテリー切れ。それを防止するためのケーブル、いざという時のための小型バッテリー。これらが現代の〝三種の神器〞と確信します。

私が子供の頃には、日本人の三種の神器といえば冷蔵庫、洗濯機、テレビでした。そりゃ今でも冷蔵庫が無いとかなり困るし、洗濯機も必要。ただ昔と違って今では冷蔵庫の代わりに近くにコンビニがあればなんとかなるし、洗濯機も自分で買わなくてもアパート備え付けのものがあったり、いざとなればコインランドリーもある。

テレビも、我が家なんてもう1年以上テレビ無しで全く不自由なし。その代わり各自スマホやタブレットを持っている。一家団欒もリビングにみんな居ながら各自がスマホやタブレットを見ている異様な空間(我が家ですが……)。というわけで、現代版〝三種の神器〞はスマホならびにその周辺機器に決定! 前置きが長くなりましたが、今回はカー・デザイナーの〝三種の神器〞について書きたいと思います。

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ