ENGINE WEB

CAR 2020.6.13 

「ポルシェをデザインする仕事」第7回/山下周一 (スタイル・ポルシェ・デザイナー) 独占手記

特集トップへ

今はエクステリア中心の山下氏だが、インテリアをデザインしたこともある。メルセデス・ベンツ在籍時に手がけた2代目SLKのインテリアはそのひとつだ。

2004年に発売された第2世代SLKのスケッチ。当時のスケッチではなく、新しく描いたものだ。発売時にはもうすでにダイムラーを離れていたので、実車を初めて目にしたのは、たまたま訪れていたシュトゥットガルトの街中でのことだった。その時のちょっとした興奮を今でも覚えている。

第7回「インテリア・デザインの話。」

2018年の夏は非常に暑かった。日本の異常な暑さも毎日のように伝わってきたが、ドイツでもそれに負 けない程の暑い日が続いた。ドイツで気温が30度を超える日は珍しいが、この8月にはそんな日が1週間も続いた。こちらでエアコンの付いている家はほとんどなく、我が家も然り。あんまり暑いので辛うじて持っていた扇風機をフル稼働させ、一人の時は全裸で過ごしていたほどだ。

暑いと車の中も大変である。いくらエアコンが効いていてもシートの特に太ももの下は汗でジトジトしてくる。特に革張りのシートは素足だと革が張り付いてしまう。昔はよく手のひらを太ももの下に入れて片手ハンドルで運転したものだが、最近のポルシェにはシートにも送風機能が付いて(オプションですが)背中や太ももの下に心地よい風を送ってくれるようになり快適そのものである。

さて、今回はインテリアのお話を。自動車のデザインには大きく分けて3つの部門がある。エクステリア・デザイン、インテリア・デザインとカラー&トリム・デザインである。エクステリアは車の外観を担当し、インテリアは車の内装を担当する。カラー&トリムとは自動車の新しい外装色を考えたり内装用の様々な材質や仕上げを提案する部門である。

かつてメルセデス・ベンツに在籍中、アドバンス・デザインセンター日本とドイツのスタジオのエクスチェンジ・プログラムがあり、私もそれを利用してドイツに1998年から約2年間滞在する機会を得た。ベンツのデザイン・スタジオはシンデルフィンゲンというシュトゥットガルトから車で20分程の所にある組み立て工場の一角にあり、当時完成したばかりだった。

イタリア出身の有名な建築家レンゾ・ピアノによって デザインされた建物は上から見ると手の平を広げたような形をしており、スタジオもそれぞれフィンガー1、フィンガー2などと呼ばれていた。当時はフィンガー1が先行開発、フィンガー2がA、Cクラス等の小型車、フィンガー3がE、Sクラス等の中型並びに大型車、フィンガー4がSLをはじめとするスポーツカー、フィンガー5が商用車という仕分けになっていた。私が配属されたのはフィンガー4、スポーツカーのスタジオである。20年前のメルセデス・ベンツ・デザインはまだエクステリア及びインテリアの区分けがなくデザイナーはどちらのプロジェクトに も自由に参加することができた。

総合アクセスランキング

最新の人気記事

CAR トップへ